ベランダの鉢植え「スイートバジル」絶好調♪ の育て方

現在の那覇の空模様、曇天です。気温は18℃と肌寒いです。

那覇から七海(ななみ)こと「ねこ」の店主・ミカ@那覇。
立て続けの投稿です(笑)

今日は旧暦1月4日、「火の神(ヒヌカン)迎え」、年の暮れに昇天したヒヌカンがふたたび降りてくる日です。
比嘉政夫『沖縄の祭りと行事』(沖縄文化社/1993年発行)によりますと、「この火の神の昇天降臨の信仰は地域によってかなりのちがいがある。沖縄固有の火の神信仰に中国のかまどの神信仰が融合したためであろう。」と記されています。興味深いな~と思いながら書物を手に取りました。

ウチにはヒヌカンはお祀りしていません。(が、あ! 辻のムラヤーにヒヌカンあります。)
そろそろ廿日正月の準備も始めなければなりません。


さて表題。
ベランダの鉢に植えているスイートバジルの花が咲きました。


ホームセンターで苗を買ってきて植えて育てているのですが、とてもうまく育ってくれて、確か2年目かな。
ほぼほぼ放置プレイですが、とても大きくなっています。o(^-^)o
大きすぎて支えきれないのか、倒れてくるので糸で吊るしているくらいです(笑)
スイートバジルはいろんなお料理に使えて、もう十分過ぎるくらいモトが取れています♪


とてもうまく育ってくれていますので、ご参考になりましたら。と思い綴ります。
スイートバジルの鉢を置いている場所は、那覇市内のマンション7階、西側のベランダです。
よほど強い台風のときだけは室内に避難させますが、あとはそのまま放置です。

スイートバジルを育てるにあたって七海がしているコト3つ

① お水をたっぷりあげる。
長期不在で干からびていても、根気よく水を上げると3日ほどで元通り元気になってくれます。

② ほんとーにときどきですが、たまごの白身(なま)を鉢に置きます。
お料理でたまごの白身が余ったときにバジルの鉢にナマのまま白身を置きます。
たまごのカラも置いてみましたが、カラはあまり効果を感じられない。かも(苦笑)

③ 年に1回くらいかな? 気が向いたときに植物活力素「メネデール」をあげます。
ホームセンターの方に勧められて購入したメネデール。どんな植物にも効くそうです。

あとは愛情かなー。
朝起きてとか、お水をあげるときにちょっと話しかけたりしています。

チーズの飾りにしたり、バジルとトマトのたまご炒めも美味しいしし、とにかくイロイロと活用できて大助かりです。
あまり手の手の掛からない香草「スイートバジル」、お料理に大活躍で、手軽に育てられるのでオススメです。o(^-^)o

今日もご愛読にふぇーでーびる☆
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です