令和5年(2023年)「じゅり馬まつり」中止

令和5年(2023年)じゅり馬まつり → 中止

まことに遺憾ですが、

新暦2023年2月26日(日)に予定しておりました

じゅり馬まつり」の中止が決まりました。

本当に残念です。

4年振りの「じゅり馬」を楽しみになさってくださっていた皆様、
「じゅり馬まつり」のために沖縄へのご旅行を計画くださっている皆様、
本当に申し訳ございません。
ごめんなさい。

 

令和5年(2023年)辻旧廿日正月神事 → 斎行予定

毎年旧暦1月20日に斎行しております「辻旧廿日正月神事」は予定通り斎行いたします。
2023年の旧二十日正月は、新暦2月10日(金)でございます。

 

『継承のつらなり』新暦2月11日(土・祝)那覇文化芸術劇場なはーと

旧廿日正月神事の翌日、なはーとのステージで「じゅり馬」をご覧いただけます。

一般財団法人辻新思会 出演予定

沖縄ジョートー市場店主・安積美加は、「第3部シンポジウム」に「一般財団法人辻新思会」として登壇させていただきます。

 

安積 美加 <プロフィール>

安積 美加|あさか みか
ライター・司会、「沖縄ジョートー市場」店主、「一般財団法人辻新思会」理事。

南西諸島の島々に伝わるウタや伝統芸能、祭祀がおもなフィールドワークのライター。辻新思会理事として、辻の祭祀と歴史・伝統文化の保存継承に真摯に取り組んでいる。「じゅり馬まつり」「なりやまあやぐまつり」等の司会も務めている。沖縄県那覇市在住。

フォトコンテスト ~島の魅力~(主催:沖縄県建設業協会青年部会)第10回記念特別賞「フォトコンテストグランプリ賞」受賞

ゆたさるぐとぅうにげーさびら。
何卒よろしくお願い申し上げます。

うまんちゅぬ あちゃー かふー うにげーそーいびーん。
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

 

癸卯2023年 謹んで新春のお慶びを申し上げます

謹んで新春のお慶びを申し上げます

みなさまに幸多き一年でありますように

昨年も沖縄ジョートー市場をご愛顧いただきまことにありがとうございました

本年も何卒よろしくお願いいたします

 

【新年の沖縄の風景】除夜の汽笛、那覇で一番小さなバー、そして初詣2023

沖縄県那覇市の軍港に面した山下交差点から撮影。日付が2023年に変わった瞬間です。
小さく聞こえる汽笛は那覇港からかな。2023年を祝う汽笛を3人で聴きました。

癸卯の新年の汽笛のあとは、「BAR 海岸通り」でカンパイしました。(*^-^*)

懐かしい!!

「BAR 海岸通り」はカウンター6席だけ。那覇で一番小さな隠れ家的バーです。
森山卓さんがひとりで切り盛りされるアットホームなバーで、女性ひとりでも安心して楽しめます。
那覇へお越しの際はぜひどうぞ♪ (*^-^*)

森山さんに自家製ダシの「年越しそば」、「お雑煮」を振る舞っていただきました♪
どちらも美味しかった~♪

沖縄の年越しは、沖縄そば♪ まーさん。(*^-^*)
おすましのようなお雑煮。めっちゃ好みのお味でとても美味しかったです♪

森山さんのバーから徒歩1分。信号を渡れば奥武山公園です。
お家に帰る前に、奥武山公園のなかにある世持神社と沖宮にお参りに行きました。

2023年1月1日午前4時半頃の「奥武山公園」のようす。沖縄県那覇市

奥武山公園には屋台がたくさん出ていて、若い子たちで賑わっていました。(*^-^*)

奥武山公園のなかにある「世持神社」の参道@沖縄県那覇市
奥武山公園のなかにある「世持神社」@沖縄県那覇市
奥武山公園のなかにある「沖宮」@沖縄県那覇市

沖宮さん、ユニークで楽しい雰囲気でした。(*^-^*)

2023年 しあわせあふれる素晴らしい一年でありますように☆

うまんちゅぬ あちゃー かふー うにげーそーいびーん。

みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

 

令和5年1月1日
沖縄から感謝をこめて
安積美加

 

 

【沖縄の伝統文化・行事】ムーチー(旧暦12月8日)

ハイタイ♪ ちゅううがなびら(こんにちは)。
いつも沖縄ジョートー市場をご愛顧いただき&沖縄ジョートー市場店主ブログ『ななろぐ(七海のブログ)』へお越しいただきありがとうございます。
那覇から「七海(ななみ)」こと、「ねこ」こと、ミカです。(^-^)/

早いもので、大晦日となりました!
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

旧暦12月8日はムーチーの日

昨日は旧暦12月8日。ムーチー(鬼餅)の日でした。

ムーチーは、カーサムーチー、カーサームーチー、鬼餅とも呼ばれています。
サンニン(月桃)やクバの葉に包んだ餅を厄払いのために仏壇や神棚、ヒヌカンなどにお供えして、家族の健康祈願、とくに子どもの健康を祈願します。

ムーチー前の沖縄のスーパーの風景。ムーチーを作る材料が並びます。(那覇市内)

ムーチーにまつわる思い出と

ふたむかしほど前(約20年前)のこと。
あまくまからムーチーをいただき、もうムーチーだけでおなかいっぱいの状態でした。

みんながみんな、ムーチーをつくって持ってきてくださるので、
「気持ちはありがたいけど、これ以上食べられないよ」
「もうムーチーみたくないなぁ(苦笑)」
なんて話していたのが懐かしいです。
もちろん、笑い話で悪意はありませんヨ。(^-^)

沖縄のひとたちも、ムーチーに食べ飽きてるんだなぁ。なんて密かに思っていました。

ムーチー前の沖縄のスーパーの風景(那覇市内)

ムーチーの昨日(2022年12月30日)。
スーパーに行ってみると、できあがったムーチーを眺めているひとりのおじぃがいました。
どうやらおひとりでお買物にいらしているようです。

その佇まいには、なんだか哀愁が漂っていました。

子どもの頃には母や祖母が、ご結婚されてからは奥さんが作ってくれていたのでしょうか。
いまは作ってくれる人がいなくなったのかな。
スーパーのムーチーをどんな思いで見つめているんだろう。。。

ひとりの男性老人の人生を想像してみました。

//

その後、とてもお世話になっているライター仲間のNちゃんと近所の馴染み店でひさびさに盃を交わしました。
とてもご無沙汰していたので、近況を報告しあったり、いろんな話で盛り上がりました。

ラストオーダーにパスタを注文したあとでしたが、
「パスタ、キャンセルできますか? どうしてもこれからミカさんを連れていきたいお店があります」
と、彼女。

タクシーに乗って、彼女が親しくしているお店に連れて行ってもらいました。
桜坂の「竜宮通り」に面したビルの2階にある小さなお店。以前から行ってみたいと話していたお店でした。

「はじめまして」とご挨拶すると、「ミカさんのこと、一方的にですが、私は知っています。実はこの前の神事、見に行ったんですよ」と写真を見せてくれました。

初対面の彼女とお話していると、偶然にも重なることが驚くほどたくさんありました。

今後もいろいろと協力しあって行けそうな、良い関係を築けそうなステキな女性でした。
会うべくして会った人。
来るべきだったんだね。

Nちゃん、連れてきてくれてありがとう。

宴もたけなわ。
手作りのカーサムーチーをひとついただきました。

御披楽喜の際に、店主が厄払いの法螺貝を吹いてくれました。
50年以上前に遡る、とても立派で大きな法螺貝です。現在ではこれほど大きな法螺貝は入手できないそう。
「ぶぉーーーー。ぶーーー。プーーーー」
法螺貝もいろんな音がでること。法螺貝にもいくつか流派があること。状況によって吹き方を変えることなど、法螺貝の奥深さをはじめて知りました。

コーレーグースのことを伊江島では「ホールグゥーシュ」というそうです。

お店を出ると小雨でした。
国際通りに出ると、若者たちはいるけれど、タクシーはぜんぜん通りません。
タクシーを探しながら歩いていると、たまたま遭遇した儀間くん。ひとり暮らしのウチナーンチュ、35歳の青年ドライバー。
「飲みに行こう」とねこたちを誘うも、明日は午後から仕事だという。
「明日も仕事ならお酒が残っていたら大変だよ。クルマ持つなら今日はもう帰って寝なさい」。
帰宅を促しました。

なんだか残念そうにしているので、“きっとムーチーをもらっても嬉しくないだろうなぁ”と思いつつ、

「ムーチーあげるから、とにかく今日は帰って寝て、明日の仕事がんばりなさい。
大晦日もお仕事とは大変だね。運転お気をつけて。良いお年をね」

と、持っていたムーチーを手渡しました。

すると、

「じーちゃんが死んでから家でムーチーを作らなくなったから、すごく嬉しいです。ありがとう!!」

と思いのほか喜んでくれました。
ムーチーをポッケに入れた儀間くんとバイバイ。
儀間くんが喜んでくれてよかったな。

そっかぁ。
家族と離れて暮らし、年末も仕事して、帰宅してもひとり。
ムーチー、もらって嬉しい人もいるんだな。

ムーチーひとつとっても、沖縄のいろんなひとの暮らしや人生が垣間見えるなぁ・・・。

なんてことを思いながら帰路につきました。

【沖縄の風景】お正月用の飾りもスーパーにならんでいます。@那覇市内のスーパーにて

2022年今年も一年ありがとうございました。

2023年は良い方向に大きく前進する年になると思います。

 

2023年 癸卯(みずのとう)しあわせな一年でありますよう沖縄からこころよりお祈りしております

うまんちゅぬ あちゃー かふー うにげーそーいびーん。

みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

धन्यवाद ありがとう☆拝所清掃に感謝☆

ひーさん那覇やいびーん。
すっかり冬です。

15時からの料亭(「料亭那覇」@那覇市辻)での打合せを終え、16時半頃クルマで辻の拝所へ行きました。

すると、ちょうど拝所を清掃している方の姿が見えました。

 

ありがたい。

 

拝所清掃しようと思っていたところだから、余計にありがたい。
ひとりでやるにはかなりの骨折りなので、ほんとうにありがたいです。

 

一度通り過ぎて、近くの自販機でさんぴん茶のペットボトルを4本購入。
清掃していた方は3人に見えたけど、もし4人だったらーと思い、念のため4本買いました。

ペットボトルを持って再び拝所へ。

 

「お疲れさまです。お掃除ありがとうございます」
と、おひとりお一人にペットボトルを手渡しました。

 

なんとなく見覚えがあったので、お話してみると、拝所の清掃をしてくださっているのは「料亭那覇」で働かれているネパールの方たちでした。
約1年前にネパールから友人3人で来沖、自転車で15分のところに3人で暮らしているそうです。
日本語もお上手で、とても感じが良い方たちです。

 

「写真を撮ってもいいですか? ネットに載せてもよいですか?」とたずねると、
「OK」とおっしゃったので、カメラでパチリ♪

 

「My name is MIKA. 名前を教えてくれますか?」
おひとりずつ教えてくださるも、、、覚えられず(苦笑)

「お名前を書いてください」とメモ帳を取り出し、ペンとともに手渡しました。
きっと英語かネパールのことばで書いてくれるんだろうなーと思っていたら、なんとカタカナで書いてくださいました。いやー、すごいな。

辻の御嶽を清掃してくださっていたネパールの方々。左からクマルートさん、スレンドロさん、サニールさん。धन्यवाद!

「ネパールより沖縄は暖かいですか?」「はい」

「ネパールと沖縄はぜんぜん違います」

「ネパールには世界一高い山があります。沖縄の海がいいです」

そっかー。ネパールは海がなくて、高い山々があって、ぜんぜん景色が違うんだよな。

「食べ物は美味しいですか?」「おいしいです」

ぴっちゃがまユンタクしながら、“ネパールへ行ったみたいなぁ。もっと彼らとお話してみたいなぁ”と思いました。

「ネパールで“ありがとう”はダンネバッド!でよかたですか?」「そうそう!」

「お酒は飲みますか?」「ときどき」

お酒大好きな人たちだったら飲みに誘ったのにな(笑)

差し入れのペットボトルを掲げてくれました。

料亭那覇代表取締役であり、一般財団法人辻新思会の理事長である辻の守り神・上江洲安明氏。

理事長のおかげ。

ネパールの方たちのおかげ。

みなさんのおかげ。

いろんな人に支えられてあるんだなぁ。

感謝。

手を振って見送ってくださった。けれどピンボケ(苦笑)

धन्यवाद(ありがとう!)

またゆっくりお話できる機会がありますように。

今日もご愛読にふぇーでーびる☆

うまんちゅぬ あちゃー かふー うにげーそーいびーん。
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

 

神社へお参り、鳥居はどこからくぐる?? ~ 神道の参拝作法 

神社仏閣が大好きなねこです。

沖縄県那覇市の「波上宮」。第一鳥居の右手の社号標は1935年(昭和10年)に奉納されたもの。砲弾痕を残しつつも戦禍を免れた貴重な社号標です。

神社へお参りに訪れると、ほとんどの方が鳥居の前で一礼されています。
このような姿を目にすると、「あぁ、日本人だなぁ」と思い嬉しくなります。

 

京都で神社の鳥居をくぐるとき、京都の従姉妹から、

「真ん中は通ったらあかんよ」

と習いました。

ただ、どこかで「真ん中から」と聞いた覚えもありました。


鳥居はどこからくぐるのが正しいの?

素朴な疑問を禰宜(ねぎ)にお答え教えていただきました。

 

鳥居はどこからくぐるのが正しいの? 神社の参拝お作法

「お作法を知らないので失礼があったら申し訳ございません。
よろしかったら教えていただけますか?」

常々疑問に思っていた、鳥居をくぐる位置を禰宜にお尋ねしました。

禰宜がおっしゃるには、

「正中を避ける」

というのがお作法だそうです。

ですから、鳥居をくぐるときも、参拝するときも、正中は避けるのが◎です。

 

正中>>>右>>左 正中がもっとも格が高い

神殿に向かって格は
1.正中
2.右
3.左
となるそうです。

左に立てるのであれば、左からお参りするのがGOOD。
ただし、出入口が右にあって正中を横切らなければならないようなときは、右からお参りしてください。(正中を横切るのはNGだそう)

神職の方も正中は避けておられるそうです。 ← 気付きませんでした!
ただし、お祓いをされるときは神様に代わってーなので、正中に立たれるそうです。

 

神道のお作法「進左・退右・起右・座左(しんさ・たいう・きゆう・ざさ)」

神道には「進左・退右・起右・座左(しんさ・たいう・きゆう・ざさ)」ということば(作法)があります。

進むときは左足から
退くときは右足から
起つときは右足から
座るときは左足から

というのが神道のお作法だそうです。

「とはいっても、神道はそこまでお作法にうるさくありませんから大丈夫ですよ。安心してお参りください」
とやさしい笑顔の禰宜。

 

ちょっとしたことかもしれませんが、お作法がわかると、参拝がさらに楽しくなりますよね。

って、楽しいんかいっ!!(笑)

 

しーぶん(おまけ):沖縄の神社ならではかも。幣殿の小壁に

以前、波上宮の例大祭に参列させていただいたときのこと。
初めて拝殿へ上がらせていただきました。

小雨に濡れる幣殿を眺めていると、
“あ! おもしろい。マクブやタマンがいるなぁ”
と幣殿の小壁にピチピチと跳ねる沖縄のカラフルな魚を見つけました。
もちろん、例大祭の最中でしたので撮影は控えました。

後日、撮影させていただいたのがこちら。

 

波上宮、とても気持ちの良いところです。

那覇にお越しの際はぜひお参りください。(*^-^*)

 

今日もご愛読にふぇーでーびる☆

明後日は友利部落「敬老会」の司会で宮古島です♪
みなさまもステキな週末をお過ごしくださいね。(^-^)/

みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆
うまんちゅぬ あちゃー かふー うにげーそーいびーん。

【店主どぅーちゅいむにー】痛恨のミス。いまやネットでモノ買う時代。CFカードは沖縄の店頭にはなかった。

完全なるどぅーちゅいむにー(ひとりごと)です。

書いたあと、消してもいいかも。。。と思うくらいくだらない内容です。m(_ _)m

//

一眼レフのメモリー(CFカード)がゲットできずに焦っているねこです。

沖縄にはないけど、
東京には(店頭に)あるのか?!

//

だぁーだぁー!!

びっくりなんですが、
いまカメラ屋さんにも家電量販店にも、CFカードって置いてないんですね!!

知らなかったー!!!

痛恨のミスです。

(沖縄は。ですけど。東京や大阪なら店頭にあるのかなぁ??)

 

去った土曜は、朝からまる一日のイベント「木曳パレード」取材でした。

「令和首里城復興イベント いざ首里城 令和の木曳式(こびきしき)」の1番目のイベント「国頭フェスティバル」にて。奥間区による「国頭サバクイ(ウシデーク)」【撮影】2022年10月29日/沖縄県・国頭村森林公園にて

が、、、早朝から夕刻までのまる一日の取材で、カメラにセットしていたCFカードでは容量が足りず。
予備は持っていたのですが、途中一時、子どもたちの笑顔のシャッターチャンスを逃す。という失態をやらかしました。(>_<)
まぁ、そのシーンは必須ではなかったので仕事的にはセーフなんですけど、もったいなかったナァ。(T_T)

来る木曜も早朝からイベント「木遣行列」の取材撮影です。
また容量足らないとなったらでーじ!!
これはもっと容量の大きいCFカードを買っておかなきゃ!

疲れた身体に鞭打って、取材後帰りにベ○ト電器に寄りました。

したら、なんと!
店頭にはCFカードは置いていない。と。

えええー!? そうなの?!

けど、
ヤ○ダにはあるよね。
最悪、カメラのキタ○ラにはあるよね。と思ってました。

で、
今しがた、CFカード買いに行こうと思って、
念のため電話して在庫確認してみたら、
ヤ○ダ電機もキタ○ラもどちらもほぼナイ状態!!
あったとしても1枚とか2枚で、欲しい容量ではない上にべらぼーに高い。

マジでどうしよー。(ToT)

焦ってるから会社も商品もよく確認もしてないんだけど、とにかくイマ、注文してもギリギリ間に合うかだから、ネットで見つけた東京の会社(はじめて)に飛び込み電話。

「11月3日の早朝から使いたいので、那覇ですが明後日2日中の到着希望です。今日中に発送をお願いできますか?」とご相談。

「すぐにご購入いただければ本日中に発送します。うまくいけば11月2日に届きますが、天候もありますし到着の保証はできません」とのご返答。

そうなんですよね。

いまは那覇と内地の間の荷物は翌日には到着しません。(前は翌日着できていたのに)
最近は、那覇~東京間は宅配便で2日後着、郵便だと3日がフツーになっています。

きっと2日に届く!! とカケに出て、
「別途送料がかかってもいいので今日中に送ってください!」
とソッコー、カード決済で購入。

果たして間に合うのか。。。

ほんとーにドキドキです。

写真を撮る数を減らせば良いのでしょうが、イベントはほんとーに読めないし、動いている人の撮影だからいっぱい撮りたいし。。。
ねこは「数撃ちゃ当たる!」とバシャバシャ撮るタイプだし(苦笑)

イベント撮影がひさびさというのもありますが、、、ほんと、前もってCFカード準備しておくべきでした。
簡単に、すぐに店頭で手に入ると思っていたねこの痛恨のミスです。反省。

 

CFカードはいまの時代、みなさんネットで買われるのできっと店頭には置かないんでしょうね。沖縄に限る。かもですが。

 

勉強になりました。

どうか間に合うように祈っていてください。m(_ _)m

 

ものすごーいどぅーちゅいむにーでした。

他愛のないお話に最後までお付き合いいただきありがとうございました☆

「令和首里城復興イベント いざ首里城 令和の木曳式(こびきしき)」の1番目のイベント「国頭フェスティバル」にて。奥間区による「国頭サバクイ(ウシデーク)」【撮影】2022年10月29日/沖縄県・国頭村森林公園にて

ちなみに、今日の那覇は傘が必要なほどの雨です。
「国頭フェスティバル」「木曳パレード」「世界のウチナーンチュ大会 前夜祭パレード」などなど、イベント盛りだくさんだった去った土日、よく雨じゃなかったなぁ。ほんと、よかった。

土曜の国頭は、パラパラときたり、ザーッとスコールがありましたが、それでもお天気はもったと思います。
「国頭フェスティバル」では、本場、元祖、と言っても過言ではない沖縄の木遣歌「国頭サバクイ」も拝見できてほんと良かったです。
(実はねこの取材予定外だったのですが、幸運にも拝見できました奥間の「国頭サバクイ」はぜひ知っていただきたく。記事に織り込もうと考えています。)

次のイベント取材は11月3日「木遣行列」@那覇市首里。お天気に恵まれますように。

うまんちゅぬ あちゃー かふー うにげーそーいびーん。
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

 

追記:本日11月2日に無事CFカード届きました!!

よかったぁーーーーーーー。

明日は「令和の木曳式」、クライマックス「木遣行列」取材です。

明日も朝早いですが、がんばります。

 

 

【沖縄の日の出スポット】知念岬@沖縄県南城市

「おきなわワールド」や「斎場御嶽」を抱える南城市

沖縄本島南東部に位置する南城市(なんじょうし)。
佐敷(さしき)町、知念(ちねん)村、玉城(たまぐすく)村、大里(おおざと)村の1町3村が合併して、平成18年(2006年)1月1日に南城市は誕生しました。

南城市は、那覇空港からクルマで1時間ほどの距離。
おきなわワールド斎場御嶽(せーふぁーうたき)垣花樋川佐敷上グスク(佐敷城跡)などなど、観光スポットに自然、歴史文化を感じることができるスポットがいくつもあります。(*^-^*)

南城市の絶景スポット「知念岬」は「日の出スポット」でもあります♪

南城市知念の斎場御嶽のすぐ近くに位置する知念岬は、大好きなスポットのひとつ。
緑の芝生に青い空が広がり、紺碧の太平洋が見渡せるとても気持ち良い絶景スポットです。
知念岬の芝生に大の字になって寝っ転がると、地球のパワーを分けてもらえる。そんな気持ちになります。o(^-^)o

そんな知念岬は、「神の島」と呼ばれる久高島もよく見え、日の出スポットとしても人気です。

日の出スポット「知念岬」(沖縄県南城市)から眺むご来光。右手奥の平らな島は「神の島」とも呼ばれる久高島です。この日もご来光を眺めに&撮影に20名ほどの人が訪れていました。【撮影】2022年9月8日

知念岬の駐車場は無料です。クルマで、バイクで、9月の平日にもかかわらず、朝日を拝みに20名ほどが訪れていました。

日の出スポット「知念岬」(沖縄県南城市)から眺むご来光。右手の平らな島は「神の島」とも呼ばれる久高島です。季節によって太陽の昇ってくる位置が変わります。9月は久高島の北側(知念岬から見て左手)から昇ってきました。【撮影】2022年9月8日

モニターツアー「世界文化遺産・斎場御嶽の早朝参拝と朝食」

先日(2022年9月8日)、斎場御嶽の早朝参拝特別モニターツアーに参加させていただきました。
ツアーの集合時間は斎場御嶽駐車場に午前6時50分。
那覇空港近くの自宅から斎場御嶽までクルマで1時間近くかかりますので、“せっかく朝早く行くのだから”と思い、4時に起床して、まだ真っ暗な朝5時過ぎに自宅を出ました。
予想より夜明けは早かったのですが、6時前に知念岬に到着。
無事に知念岬からご来光を眺めることができました。o(^-^)o

日の出スポット「知念岬」(沖縄県南城市)から眺むご来光と、「神の島」とも呼ばれる久高島。【撮影】2022年9月8日

斎場御嶽の開場は朝9時。
斎場御嶽早朝参拝ツアーは開場前の早朝に実施されます。

鳥のさえずり、蝉の声。
丁寧な説明をしてくださるガイドさん付きで、朝の光が差し込む斎場御嶽を貸切状態で参拝することができ、とっても良かったです。(ただしガジャンがスゴすぎました!)
参拝のあとは海辺のカフェへ移動し、海を眺めながらヘルシーな特別朝食をいただきました♪

斎場御嶽早朝参拝ツアーは、来月10月(2022年10月)から有料モニターツアーが開催されるそうです。(※現時点ではネットには詳細が上がっていませんでした)
とても良いツアーでしたので、ぜひ常設開催されるようになれば、と願っております。
気になる方はチェックされてみてくださいね。o(^-^)o

食欲の秋♪ 味覚の秋♪ 沖縄の「あぐー」&「パイナップルポーク」しゃぶしゃぶを是非どうぞ♪

今日もご愛読にふぇーでーびる☆

うまんちゅぬ あちゃー かふー うにげーそーいびーん。
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

 

【沖縄ベランダ園芸】島とうがらしの花

コーレーグースーにしたり、ピリリとお料理のアクセントとなる島とうがらし

沖縄の食卓には欠かせない薬味(だはず)です。

島とうがらしの真っ赤な実を見ることはあっても、島とうがらしの花をご覧になる機会はそうないのでは?!

ということで、今日はベランダに咲いている「島とうがらし」の花をうとぅどぅけさびら(お届けいたします)。(^-^)/

島とうがらしの花

島とうがらしの花、めっちゃ小さいんです!!
小指の爪の先もないくらいとても小さいんですよ。

島とうがらしの花

なので、気付かないうちに花が咲いて、気がつけば実になっている。
なんてこともあります。

ウチでは島とうがらしは、コーレーグースにしたり、冷凍庫に実ごと保存していています。o(^-^)o

御礼 マンゴー2022

2022年今年度の沖縄県産「奇跡のマンゴー」&「減農薬ケンちゃんマンゴー」の収穫・出荷を無事に終えました。

今年は、梅雨の異常な長雨に日照不足でした。
そのため、マンゴーの袋掛けが大幅に遅れ、収穫時期も大幅にずれ、出来栄えも例年より良い、と言えない、かなり苦しい、相当厳しい状況でした。

農園で収穫したマンゴーは、最上級のマンゴーから「化粧箱」 → 「白箱」 → 「パック」と3つのランクに分けて出荷しています。
沖縄ジョートー市場は、最上級クラスの「化粧箱マンゴー」だけを扱わせていただいております。

店主の裏話になりますが、今季は異常気象のため、化粧箱クラスのマンゴーが非常に少なく、とてもハラハラしながらのお届けでした。
沖縄ジョートー市場のお客様には、「天候に左右されるのが自然の恵み」とご理解をいただいていることにとても感謝しております。
こころより御礼を申し上げます。
いっぺーにふぇーでーびたん。
今年も沖縄ジョートー市場のマンゴーをおいしくお召し上がりいただき、誠にありがとうございました☆☆☆

来年はこんなハラハラすることのないような天候を祈っています。
来年もおいしい沖縄県産マンゴーをお届けできますように☆

食欲の秋・味覚の秋は沖縄県産豚「あぐー」&「パイナップルポーク」

これからは食欲の秋・味覚の秋☆
沖縄県産豚「あぐー」&「パイナップルポーク」がオススメです♪ (^-^)/
ご注文こころよりお待ちしております。

今日もご愛読にふぇーでーびる☆

うまんちゅぬ あちゃー かふー うにげーそーいびーん。
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

 

 

ちゅうや ウンケー やいびーん。

ちゅうやウンケーやいびーん。(今日はウンケーでございます。)

沖縄は今日から旧盆に入りました。
「ウンケー(お迎え)」は旧盆初日のことで、ご先祖さまたちをお迎えする日です。

【今年2022年の旧盆】
8月10日(水)ウンケー
8月11日(木)ナカビ
8月12日(金)ウークイ
8月13日(土)ヌーバレー

ウンケーの本日15時頃、近くのスーパーに行ったら、急いでウンケーのご準備されているフージーのオジサンがいらしたり、足りないものを買い足しに来たっぽい女性などなど、いつもより(気分的に)スーパーはワサワサ~していました。

いまのおうちには仏壇はありませんが、ウンケージューシーを炊きました。o(^-^)o

「八重山では、ジューシーにピパーチ(ぴーやし、ピパーツなど呼び方はさまざまです)の葉を刻んで混ぜる」と、どこかで目にした(or 耳にした?)記憶が薄っすらとあります。

うちのベランダにも新たにピパーチ(の苗)が仲間入りしたので、ベランダの若葉を摘んできて、本日は八重山風のジューシーにしてみました。
ピパーチ、もともと大好きなので、いい感じです♪ o(^-^)o

新たに仲間入りしたピパーチの苗

ピパーチ、うまく根付いて育ってくれると良いのですが、、、
まだちょっと不安な感じ。
イロイロ試してみたいと思います。

 

☆ 「仲間おじぃの奇跡のマンゴー」&「限りなく無農薬に近いケンちゃんマンゴー」をご注文をいただきましたお客様へ
現在、最良の状態で収穫・出荷中です。
ご注文をいただきました順番に、順次出荷しておりますので、お届けまでいましばらくお待ちねがいます。

 

今日もご愛読にふぇーでーびる☆

うまんちゅぬ あちゃー かふー うにげーそーいびーん。
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

 

【沖縄農業】島バナナからアップルバナナへ

ハイタイ! ちゅううがなびら(こんにちは)。
いつも沖縄ジョートー市場をご愛顧いただき&店主ブログ「ななろぐ(七海のブログ)」へお越しいただきありがとうございます。
快晴の那覇から「七海(ななみ)」こと、「ねこ」こと、ミカです。(^-^)/

<マンゴーをご注文くださっているお客様へ>
「仲間おじぃの奇跡のマンゴー」、「限りなく無農薬に近いケンちゃんマンゴー」、ともに最良の状態で収穫・出荷いたします。
お届けまでいましばらくお待ちねがいます。

コロナ感染防止対策で、2020年からマンゴー農園へのレポートがお届けできておりません。ごめんなさい。
来年にはレポートをお届けできますように。

沖縄で無農薬にこだわっている大城さんの畑で「アップルバナナ」【撮影】2022年8月4日(木)

先週、沖縄本島中部で、徹底的に無農薬にこだわっているハルサー・大城さんのパリ(※)へ行ってきました。
大城さんは苗を購入せず、ご自分で種を採取して、種から育てるという徹底ぶりです。
※パリ=みゃーくふつ(宮古島のことば)で「畑」のことです。

年々手に入りにくくなっている沖縄の「島バナナ」。
ほのかな酸味があってクリーミー、ねっとりもっちり美味しい沖縄の島バナナですが、島バナナを栽培される農家さんは本当に少なくなっています。

大城さん曰く
「島バナナからアップルバナナに変えている人が多いね。
自分も初めて植えたからまだ食べたことないんだけど(笑)」
とのこと。

いま沖縄のバナナ農家さんの流行りは「アップルバナナ」のようです。

沖縄ジョートー市場店主として、一度は食べてみる必要がアリかも。
レポートをお届けできましたら幸いです。o(^-^)o

花がついた状態のバナナ全体です。(こちらは道路脇にあったバナナですので品種不明です)

 

沖縄は、明後日から旧盆です。

【今年2022年の旧盆】
8月10日(水)ウンケー
8月11日(木)ナカビ
8月12日(金)ウークイ
8月13日(土)ヌーバレー

みなさま、良いお盆をお迎えくださいね。o(^-^)o

今日もご愛読にふぇーでーびる☆

うまんちゅぬ あちゃー かふー うにげーそーいびーん。
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆