慶良間諸島国立公園・阿嘉島(あかじま)だより ~ ティラジャー(巻き貝)

那覇からちゅううがなびら。沖縄ジョートー市場店主みーかー(ミカ)です。
この時期、毎年恒例の週末1泊2日の阿嘉島(あかじま)通い。去った週末も行って来ました。
前回(2018年5月12日)は海に浸かるとまだ寒く感じましたが、今回は「おっ! そろそろ泳げるかも♪」という感じでした。

阿嘉島通いの目的は、帆掛サバニで座間味島から那覇まで海上を駆ける「サバニ帆漕レース」出場のためのサバニ練習です。
風力と人力のみを使って大海原を渡るレースは年に一度開催されます。第19回大会となる今年2018年は6月24日(日)開催。
私の所属しているサバニ・チーム「阿慶座美陽(あぎじゃびよう)」は拠点が阿嘉島。サバニも阿嘉島にあるので、練習は必然的に阿嘉島となります。

2018年5月19日撮影。阿嘉島の前浜。まるで7月のようなお天気でした。

土曜は梅雨とは思えない、夏のようなお天気でした。ですが、面白いことに場所によっては雲が多いんですよね。
慶留間島(げるまじま)方面は青空でも、座間味島(ざまみじま)方面は雲が多くて曇っていたり。島人の話では、「屋嘉比(やかび)の山で雲ができて、それがそのまま座間味に流れて来てるんだよ」とのこと。
慶良間諸島は4つの有人島(渡嘉敷島・座間味島・阿嘉島・慶留間島)をはじめとする大小30余りの島々と数多くの岩礁からなる島嶼群です。島々が密集する一帯なので、海流、風向き風力が複雑になりやすいようです。

ちょうど大潮だったので、阿嘉島のメンバーがティラジャーをたくさん獲ってきていました。しかもとっても立派なものです。
ティラジャーとは、巻き貝のことで、沖縄ではメジャーな貝です。ティラジャーを1つ見つけるとその周囲にいくつかかたまっているので、慣れるととても獲りやすい貝です。

獲ってから2~3日、海に浸けておいて砂抜き。

ティラジャーの身をとる作業。ひとつひとつ、手作業で身をとっていきます。おいしいものをいただくには手間暇がかかりますね。感謝。

ティラジャーはクセがあまりなくて、とても食べやすい貝。生きたままのティラジャーをさっと茹でます。そして手作業で一つ一つ貝から身を取っていきます。そのままお刺身で、バター炒めやキムチ炒め、土佐煮などがオススメです。マヨネーズをかけてトースターでチンするのもいいですよ。

ちょっとピンボケしてます。左上のピンクがかったのがティラジャーです。右はトコブシ、手前はマガイです。

ティラジャーは獲るのに道具も技術も必要ありませんが、トコブシやマガイは道具がないと獲れません。マガイをご存知の方は島人でもそう多くはなく、提供している飲食店はこれまで見たことがありません。
でも、ティラジャーは沖縄の飲食店で提供しているところもあるかな、と思います。機会ございましたらご賞味くださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。&今日もステキな一日を☆
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

世界でここだけの風景 海から3,000メートル級の山々が見える雨晴海岸@富山県

ちゅううがなびら。那覇からミカです。
昨日、沖縄は梅雨入りしました。とは言え、今日は晴れています。

2018年のゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?
GWはとても割高ではありますが、めったに長いお休みが取れないので、今回は那覇から富山県へいってきました。
実は数年前からずーっと「富山に行きたい」「富山に行きたい」とボヤいていました。その念願がようやく叶ったわけです。

記憶にある初めての富山は10年あまり前。琉装してお客様と記念撮影をしたり、沖縄民謡を演奏したりの沖縄芸能絡みのお仕事でした。
仕事自体は2泊3日でしたが、「せっかく富山まで来たので」と仕事のあと、いっしょに仕事に来た先輩方と、氷見&宇奈月温泉へ1泊ずつ立ち寄りました。
富山湾のお魚を筆頭に、食べるものも美味しく、お酒も旨く、とても良かったので、また富山に行きたいなぁとずっと思っていました。
とくに、氷見線の車窓からはじめてみた雨晴(あまはらし)海岸の風景は感動でした。
沖縄でいつも海ばかり見ているので、雪山が見れるだけでも感動なのに、日本海と立山連峰の組み合わせには「こんな風景があるんだ!!」と驚きました。ほんとうに素晴らしかったです。

今回のお目当ては、雨晴海岸の風景と富山湾のおいしいお魚と旨い日本酒。すべて公共機関を使って移動する富山6泊の旅です。
民宿をはじめイロイロと良かったのですが、今日は雨晴海岸にスポットを当ててお届けいたします。

日の出前の雨晴海岸。日の出前の空と海が淡く色づく時間が好きです。【撮影】2018年4月30日/富山県高岡市

最近知ったのですが、海から3,000メートル級の山々が見えるのは、世界でもココ雨晴海岸だけだそうです。ほんとスゴイ!!
前回は雪の立山連峰がはっきり見えたので、立山連峰はいつも見えるものだと思いきや、今回はほとんど見れませんでした。
晴れていても立山連峰が霞んでしまったり、はっきりとみえない日の方が多かったです。

雨晴海岸から立山連峰がよく見えるのは12月から2月頃だそう。ピーンと張り詰めたような空気が澄んでいる冬時期が良いみたいです。
氷見のタクシーの運転手さんのお話では、「立山連峰がキレイに見えるのは年間でも80日くらいですよ。カメラマンの方は10日位留まって撮影してますよ」とのこと。
お世話になった民宿の方は、「毎年11月8日に剱岳のてっぺんから朝陽が昇りますよ。ダイヤモンド富士みたいに見えますよ」とおっしゃっていました。

富山では毎朝4時半頃に起きて、日の出を待ちました。日の出前、町も空も海も静寂に包まれたなかで淡く色づいていく風景が好きです。
刻々と表情を変えていく風景は眺めていて飽きることがありません。

雨晴海岸から見る富山湾はベタ凪。ほんとうに静かでした。【撮影】2018年4月30日/富山県高岡市

朝陽は立山連峰から昇ると思い込んでいましたが、今回は海と陸の境目から太陽があらわれました。
季節によって太陽の昇る位置が変わり、立山連峰から昇る朝陽は秋~冬のようです。

雨晴海岸から臨む朝日 【撮影】2018年4月30日/富山県高岡市

日の出がきれいに見えたのはこの日だけ。運良く見れてよかったです。
いつも夕陽ばかり追いかけてしまっていましたが、朝陽も素敵です。
雨晴海岸から見た朝日は、まるで夕陽みたいに橙色の大きな太陽でした。

今日もご愛読にふぇーでーびる☆
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

マンゴーの花が咲いています♪ ケンちゃんマンゴー 2018

ちゅううがなびら(こんにちは)。
本日も沖縄ジョートー市場店主ブログへお越しいただきありがとうございます。ミカ@那覇です。

「限りなく無農薬に近く」をモットーに、日夜努力している減農薬マンゴーの生産者・ケンちゃん。
2018年3月27日(火)、ケンちゃんマンゴーの農園もマンゴーの花が咲いています。


太い幹が緑色からピンク色に変わっているのがご覧いただけるでしょうか? ピンク色の部分から上の全体がマンゴーの花です。

日々、一つ一つの花の間隔をチェックして、それぞれの花にまんべんなく太陽が当たるよう、また風が通るように吊り下げていきます。

昨年は花が咲くのが例年より遅かったのですが、今年は例年通り、順調に咲いています。

「今年は葉がたくさんついているし、去年よりいいものができると思う。あとはスリップス(害虫)が怖いだけ」とケンちゃん。

ケンちゃんマンゴーの糖度は平均15度以上。今年もおいしいマンゴーが楽しみです。

今日もご愛読にふぇーでーびる☆
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

 

沖縄本島中部のトマトが大好きな方へ朗報! トマト詰め放題がなんと500円!!

トマトが大好きな沖縄本島中部の方へ朗報です!!
期間限定で沖縄市登川にて、「龍飛おきなわ」さんの真っ赤なトマトが詰め放題です!!
しかも、1コイン! たったの500円!! 激安です!!
トマトが大好きな方! 美容と健康のために、真っ赤なトマトをいっぱい詰めて持って帰ってください♪
詳細は下記をご覧ください。
https://ryubiokinawa.com/20180321/1310/

首里織の魅力にふれる

ちゅううがなびら(こんにちは)。
本日も沖縄ジョートー市場店主ブログへお越しいただきありがとうございます。
ミカ@暑かったり涼しかったり、なかなか気まぐれな気候の那覇です。

私ミカは、沖縄ジョートー市場の店主だけでなく、ライター業や、ホームページ制作、司会業、イベント企画運営などにも携わっております。
昨日はライター業の一環で、取材の場をご提供いただいた那覇伝統織物事業協同組合へはじめて足を運びました。

現場で作業をされている女性たちのなかで、若い方の姿も思ったより多く見掛けました。最近は、学校で本学的に勉強していらした若い方が、後継者育成事業の門戸を叩くそうです。専門知識を勉強してからいらした若い女性たちのご活躍、将来が楽しみです。

首里織は、花織、道屯織、絣、ミンサーと多彩に織られるのが特徴。なかで首里花倉織は、もっとも格式の高い織物で、王妃・王女が着けていたそうです。ちなみに、花倉織は非常に複雑な織で、とても難しいそうです。

着物一反ができあがるまで、意匠設計、染色、製織etc・・・、各工程をそれぞれの職人さんたちが分担しているイメージがありました。
ところが、首里織は、意匠設計から洗い張り、全工程をすべて、ひとりで行うそうです。これらの作業をひとりで行うということに驚きました。

こちらは半幅帯です。

着物が好きで、祖母と母から譲り受けた着物がいくつかありますが、沖縄の着物は、以前母が買ってくれた久米島紬とミンサー織りの帯だけ。宝くじが当たったら首里織も欲しいです(笑)

今回の取材は「匂い袋」がメインでしたので、首里織はチラリと垣間見ただけ。仕事ででもプライベートででも、もっとじっくり拝見したいなぁと思いました。

お着物にご興味のある方は、首里城界隈へお越しの際に、那覇伝統織物事業協同組合・首里織工芸館へお立ち寄りいただくのも一興でしょう。

 

沖縄ジョートー市場の運営会社「合同会社ジョートー」は、ホームページ制作・システム構築も承っております。
撮影・インタビュー・取材には安積美加が伺います。取材・撮影・記事制作のみも承っております。
どうぞお気軽にお問合せください。
<お問合せ> 合同会社ジョートー info@jyo-to-market.com

今日もご愛読にふぇーでーびる☆ ステキな一日を♪
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

那覇でお土産を買うなら & 無料で4000万曲以上の音楽を楽しめる「Spotify」をBGMに

ちゅううがなびら(こんにちは)。
本日も沖縄ジョートー市場店主ブログへお越しいただきありがとうございます。ミカ@那覇です。

今朝、わりとご近所にスーパー「小禄宮城(おろくみやぎ)りうぼう」が新規オープンしました。

徒歩圏内に、小禄ジャスコ(コレはむかしの呼び方で、正式には「イオン那覇店」です)や、サンエー(V21食品館 高良店)があるので、お買物はかなり便利です。いずれも徒歩圏内だけれど、ウチナーンチュフージー(沖縄のひとみたいに)してクルマで買い物に行くことが多いです(笑)

で、新規オープンの「小禄宮城(おろくみやぎ)りうぼう」は歩いてはちょっと遠い、クルマで7分ほどですが、3,000円以上お買い物すると先着でエコバッグがもらえるので、ミーハーしてさっそくお買物に行ってみました。(*^^*)
店頭にはたくさんの生花の花輪が並び、お花の香りが漂っています。なにより新しいピカピカの店内は気持ちが良いですね。地元農家さんのお野菜があったり、お魚も新鮮な感じです。沖縄県産の高級和牛・山城牛(やましろぎゅう)が半額など、オープン記念価格の商品もいくつか。新規オープンとあってスタッフの方たちも多く、みなさん張り切ってがんばっていらっしゃいました。レジの方もとても感じが良かったです。お客様もいろいろで、ふだんこの時間にはいないだろうなぁと思うようなスーツ姿のオジサマや制服姿の男性たちも偵察(?)なのか激励なのか、けっこうお買物にいらしていました。

お肉の品揃えは個人的には、「リウボウ豊崎食品館」がお気に入りです。ちょっといいお肉で、すき焼きやしゃぶしゃぶを楽しみたいときに買いに行きます。豊見城市のショッピングセンター「TOMITON(とみとん)」内にあるのですが、道が空いていればウチからクルマで15分ほど。こちらは以前は「沖縄三越マイキッチン」だったんですよ。このときの品揃えはさすがに良かったです。

TOMITONのリウボウの2階には100円ショップがあるのですが、こちらの品揃えはかなり充実しています。そのほかTOMITONには、美容室があったり、リラクゼーションがあったり。近くにまつ毛パーマの専門店、本屋さん、ヤマダ電機さんがあったり、豊見城ですがわりと行ってます。(*^^*)

 

ちょっとマクラが長くなりました。ようやくタイトルです。(笑)

(1)那覇でお土産を買うなら

那覇でお土産を買うなら、小禄ジャスコ(正式「イオン那覇店」)がオススメです。
スーパーなので、価格が空港やお土産店より少し安いこともありますが、泡盛の品揃えは那覇で一番かも!と思うくらいとても充実しています。
無料駐車場もありますし、那覇空港から2駅目のゆいレール「小禄」駅直結で、空港も近いので、お土産を買うにはとても便利だと思います。o(^-^)o

 

(2)無料で4000万曲以上の音楽を楽しめる「Spotify」をBGMに

作業中にBGMとしてイロンナ音楽を流しています。お気に入りの曲だったり、CDだったり、Youtubeだったりetc…。
名前だけはかすかに聞いたことがありました「Spotify」。

Spotify」は世界最大の音楽ストリーミングサービスで、なんと無料で、4000万以上の音楽が楽しめます!!←ほんとすごい時代ですよね!!

いまさらですが、今日はじめて「Spotify」をPCにインストールして、BGMを流しています。(「Spotify」の画面右上の「ダウンロード」をクリックです)
最近はスマホ限定のアプリもけっこう多いので、スマホでしか聴けないのかと思っていたら、「Spotify」をダウンロードしてPCでも聴けるとわかり、助かります♪
Youtubeもいいけど、「Spotify」音楽好きにはいいはずー。オススメです! o(^-^)o

他愛もないお話に最後までお付合いありがとうございました☆

【撮影:2016年5月14日/沖縄県 国立公園慶良間(ケラマ)諸島 阿嘉島からの眺め】

いま、北谷町にある総合マリンサービス事業者様のサイトを制作しています。制作にあたり私が以前撮影した写真も引っ張り出してきています。こちらの写真は阿嘉島のニシハマ上方からの眺めです。ほんと、お天気の眺めはサイコーです☆ o(^-^)o

沖縄ジョートー市場の運営会社「合同会社ジョートー」は、ホームページ制作・システム構築も承っております。
撮影・インタビュー・取材には安積美加が伺います。取材・撮影・記事制作のみも承っております。
どうぞお気軽にお問合せください。
<お問合せ> 合同会社ジョートー info@jyo-to-market.com

今日もご愛読にふぇーでーびる☆ ステキな一日を♪
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

もうすぐお別れの沖縄県立図書館と沖縄の桜

ちゅううがなびら(こんにちは)。
本日も沖縄ジョートー市場店主ブログへお越しいただきありがとうございます。ミカ@那覇です。
今日の那覇は晴れ。那覇の現在気温は19.5℃、北の風5.1m/s、湿度52%と過ごしやすい気候です。

【撮影:2018年3月1日/沖縄県立図書館】

早いものでもう3月。午前中、借りていた書籍の返却に沖縄県立図書館へ行って来ました。
とてもお世話になった那覇市与儀にある沖縄県立図書館が移転にともない、今月いっぱいをもって閉館します(2階の郷土資料室は6月末まで利用可能)。県立図書館は、旭橋の那覇バスターミナル跡地で建設中の11階建ての複合施設に移転、12月から開館予定だそう。

私にとっては移転後の方が近くなってありがたいのですが、通い馴れた図書館が閉館するのは少し淋しい感じ。ときの流れを感じます。

新館はゆいレール「旭橋」駅から近く、ゆいレールやバスなどの公共機関を利用できる方は便利になると思います。が、気になるのは駐車場。現時点では、新館の駐車場については未定とのこと。クルマ社会の沖縄では駐車場をいかに確保できるかが重要課題です。県立図書館は那覇市民だけでなく、資料を求めてあらゆる方が利用されるので、高速インターから近くて、広い無料駐車場が準備できるところが良いのでは? と個人的に思ってみたり・・・。

というのも、現在、那覇市内中心部の久茂地(くもじ)小学校跡地に新文化芸術発信拠点施設(新市民会館)建設計画があるのですが、浦添在住のある方は「なんでこんな不便なところにつくるのかわからない」とおっしゃいました。便利と思う人たちがいる一方で、不便と感じる人たちもいる。その真意は、「こんなところにつくられたら、渋滞も酷いし、駐車場が十分確保できるのか心配」との懸念でした。

近くに公共機関があった方がいい。でも、クルマ社会である沖縄、広い駐車場を備えて欲しい。いろいろと難しいですね。

【撮影:2018年3月1日/那覇市与儀公園のカンヒザクラ】

今日(2018年3月1日)の午前中撮影しました。図書館に隣接する与儀公園の桜です。ほとんどの桜はピークを過ぎていましたが、いまが花盛りの樹もありました。

【撮影:2018年3月1日/那覇市与儀公園のカンヒザクラ】

明後日3月3日は旧暦1月16日にあたり、宮古・八重山では「十六日(ジュウルクニチ)」のグソー正月(あの世のご先祖様たちのお正月)が盛大に行われます。

3月4日は「三線の日」、3月5日は「サンゴ(珊瑚)の日」、旧暦1月20日にあたる3月7日は「二十日正月(ハチカソーグァチ)」で辻界隈では華やかなジュリ馬がご覧いただけるでしょう。そして3月8日は「三板(さんば)の日」と、この3月上旬は行事やイベントが続きます。

【撮影:2016年3月13日/那覇市辻にて「二十日正月のジュリ馬」】

私の3月の手帳を開いてみると、「3/1(木)-14、3/2(金)-17、3/3(土)-13」と鉛筆でメモ書きしています。何のことかと言えば、海の干潮時の潮位のことです。仕事が立て込んでいて島に遊びに行く余裕はありませんが、あわよくばマイナスのときに阿嘉(あか)島へ行こうと企てていた筆跡でした(笑)
そろそろサバニの練習もはじめないとなー。

一昨日は沖縄本島中部西海岸の北谷(ちゃたん)発のホエールウオッチングへいってきました。さてさて、ミカさんはクジラをみれたのでしょうか??
船長さんに「クジラがよく見えるのは、どんなお天気のときか?!」を教えていただきましたので、次はホエールウオッチングについて綴りたいと思います。o(^-^)o

最後までお読みいただきありがとうございました。&今日もステキな一日を☆

みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

 

旧正月 ~久米島の桜

旧正月あけましておめでとうございます。

雨の那覇です。
一昨日は冷え込み、昨日は最高気温24.4℃とても暖かく、10℃近くも気温差があり、冬だったり夏だったりという感覚です。

久米島に帰省しているシージャガタ(目上の方)から、久米島の桜の写メが届きました。

ちょうど満開だそう。とてもキレイです♪o(^o^)o

久米島には「クメノサクラ」という白い桜があるのですが、こちらは沖縄で一般的な濃いピンクの桜です。

先日の今帰仁城址はピークを過ぎていましたので、久米島から届いた満開の桜をみると、沖縄の桜もキレイだなーとあらためて思います。

沖縄の桜は「ヒカンザクラ」か「カンヒザクラ」か?  似ていて紛らわしいですよね(苦笑)
一般名はヒカンザクラ(緋寒桜)です。
しかし、音韻の似たヒガンザクラ(彼岸桜)と混同やされやすいことから、別名のカンヒザクラ(寒緋桜)を使うことが増えているそうです。

今日もご愛読にふぇーでーびる☆
ステキな週末をお過ごしください♪

みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

世界遺産・今帰仁城跡の夜桜ライトアップ ー 「今帰仁グスク桜まつり」

こんにちは。本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます☆
昨日2018年2月8日(木)は朝から取材で「やんばる(山原)」でした。やんばるの境界は人によって異なり曖昧なのですが、「やんばる」とは「沖縄本島北部」のことです。
東村有銘 → 名護市伊差川とまわり、17時頃に今帰仁(なきじん)村にある世界遺産のひとつ「今帰仁城跡」へ行きました。お目当ては、夜桜です。

「今帰仁グスク桜まつり」期間中は、夕方から城跡と桜がライトアップされ、とても幻想的でステキです。

全体的に、桜はピークを過ぎてしまったようです。それでも、年に一度の楽しみなので、来て良かったなぁと思います。

今年2018年は、2月12日(月)までライトアップがお楽しみいただけます。

今帰仁グスク桜まつり http://www.nakijinson.jp/sakura_festival1
今帰仁城跡公式サイト http://nakijinjoseki.jp/

暖かい服装で、今帰仁城跡へぜひどうぞ♪

今日もご愛読にふぇーでーびる☆
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆