宮古島を代表するイベントのひとつ「なりやまあやぐまつり」@友利インギャー

「なりやまあやぐまつり」は、宮古島(みやこじま)の秋の風物詩となっている音楽イベント。
宮古島を代表するしまうた(民謡)のひとつ、「なりやまあやぐ」発祥の地・友利(ともり)集落にあるインギャーという入江で年一回開催されています。

なりやまあやぐ

【歌詞】

一、 サー なりやまや なりてぃぬなりやま
すぅみやまや すぅみてぃぬ すぅみやま
イラユマーン サーヤーヌ
すぅみてぃぬ すぅみやま
二、 サー なりやま参(んみゃ)いってぃ なりぶりさます゜なよ
すぅみやま参いってぃ すぅみぶりさます゜なよ
イラユマーン サーヤーヌ
すぅみぶりさまっす゜なよ
三、 サー 馬(ぬーま)ん乗(ぬう)らば 手綱(たづな)ゆゆるすなよ
美童(みやらび)屋(や)行(い)き 心許(くくるゆる)すなよ
イラユマーン サーヤーヌ
心許すなよ

 

(大意)
一、慣れているヤマへ行っても染まってはいけませんよ

二、慣れているヤマへ行き、女性に惚れてしまって 仕事をしなくなってはいけませんよ

三、馬に乗ったら手綱を許してはいけません。美しい女性の屋敷へ行っても心を許してはいけませんよ

宮古島の友利集落にある入江のインギャー。正面の小さな小高い山は御願山(ウガンヤマ)です。御願山の山頂からの眺めは素晴らしいのでぜひ登ってみてください。

伝統文化を次の世代につなぐことと地域を元気にすることを目的に2006年(平成18年)から開催。
入江にはこの日一日だけのために特設ステージがつくられ、参加者は海上のステージで気持ちよく「なりやまあやぐ」を唄うことができます。

「なりやまあやぐまつり」一日だけのために作られる海上ステージ。雰囲気抜群の憧れのステージです。
御願山(ウガンヤマ)山頂から臨む海上ステージ。

「なりやまあやぐまつり」当日のおもなスケジュール(下記タイムテーブルは第12回のものです。
※正式なスケジュールおよび詳細は公式サイトへお問合せください。

07:00 安全祈願 参加希望者は午前7時前に友利公民館へお越しください。
08:00 「なりやまあやぐまつり」奉納 参加希望者は「なりやまあやぐ」歌碑へ午前8時前にお越しください。
09:00 元島学習会 小学校高学年向けの学習会です。
参加希望者はインギャーに9時前にお越しください。
13:00 三線教室 インギャー「なりやま屋」(茅葺き屋根の練習広場)にて開催。どなたでも無料でご参加いただけます。
13:00 なりやまあやぐ予選会(一般の部) 一般の部は予選通過者20名が本選出場。
※審査結果発表までお待ち下さい。
※子供の部の予選会はなく、子供の部は全員本選出場です。
17:00 座開き(獅子舞) 友利獅子舞保存会
なりやま宣言 友利部落子ども会
17:20 協賛金贈呈

【なりやまあやぐまつり本選】

17:30 子供の部
18:30 みるく口説
会長挨拶
協賛企業代表挨拶
市長挨拶
一般の部
表彰
21:00 花火打ち上げ・閉会

本選は17時半頃から開始。夕暮れ時の浜辺に「なりやまあやぐ」が響き渡りはじめます。手作りの灯籠も良い感じです。夕方からは、ステージ後方にそびえ立つ御願山(ウガンヤマ)におよそ1,000本のロウソクに火が灯され、とても幻想的。
当日の予選を通過した人たちだけが夕方からの本選で唄うことができます。
来場者の方は、砂浜から波音をBGMに幻想的な世界で、参加者それぞれの「なりやまあやぐ」を楽しむことができます。

第13回なりやまあやぐまつり 2018年10月7日(日)開催予定

「第12回なりやまあやぐまつり」は、子供の部16名、一般の部84名、合計100名が参加されました。
宮古島を代表するしまうた(民謡)「なりやまあやぐ」は、子どもから大人まで誰もが唄える、親しみやすく、奥の深いしまうた(民謡)です。
なりやまあやぐまつりへ是非お越しください。

 

<関連サイト&関連記事>

■なりやまあやぐまつりオフィシャルサイト https://nariyamaayagu.com/

■なりやまあやぐまつり実行委員会サイト https://takku-yama.wixsite.com/nariyamaayagu

■宮古島を代表する民謡「なりやまあやぐ」についてさらに詳しく
美ら島物語 恋ししまうたの風 第5回「なりやまあやぐ」宮古島 https://www.churashima.net/shimauta/05/

■「なりやまあやぐまつり」への初めての出場を考えている方のご参考に
なりやまあやぐまつりレポート(第6回) https://www.churashima.net/shimauta/report/

■「なりやまあやぐまつり」(第10回)を司会者からの視点で綴っています
宮古島「第10回なりやまあやぐまつり」で司会をさせて頂きました https://jyo-to.okinawa/20151016/665/

 

もうすぐお別れの沖縄県立図書館と沖縄の桜

ちゅううがなびら(こんにちは)。
本日も沖縄ジョートー市場店主ブログへお越しいただきありがとうございます。ミカ@那覇です。
今日の那覇は晴れ。那覇の現在気温は19.5℃、北の風5.1m/s、湿度52%と過ごしやすい気候です。

【撮影:2018年3月1日/沖縄県立図書館】

早いものでもう3月。午前中、借りていた書籍の返却に沖縄県立図書館へ行って来ました。
とてもお世話になった那覇市与儀にある沖縄県立図書館が移転にともない、今月いっぱいをもって閉館します(2階の郷土資料室は6月末まで利用可能)。県立図書館は、旭橋の那覇バスターミナル跡地で建設中の11階建ての複合施設に移転、12月から開館予定だそう。

私にとっては移転後の方が近くなってありがたいのですが、通い馴れた図書館が閉館するのは少し淋しい感じ。ときの流れを感じます。

新館はゆいレール「旭橋」駅から近く、ゆいレールやバスなどの公共機関を利用できる方は便利になると思います。が、気になるのは駐車場。現時点では、新館の駐車場については未定とのこと。クルマ社会の沖縄では駐車場をいかに確保できるかが重要課題です。県立図書館は那覇市民だけでなく、資料を求めてあらゆる方が利用されるので、高速インターから近くて、広い無料駐車場が準備できるところが良いのでは? と個人的に思ってみたり・・・。

というのも、現在、那覇市内中心部の久茂地(くもじ)小学校跡地に新文化芸術発信拠点施設(新市民会館)建設計画があるのですが、浦添在住のある方は「なんでこんな不便なところにつくるのかわからない」とおっしゃいました。便利と思う人たちがいる一方で、不便と感じる人たちもいる。その真意は、「こんなところにつくられたら、渋滞も酷いし、駐車場が十分確保できるのか心配」との懸念でした。

近くに公共機関があった方がいい。でも、クルマ社会である沖縄、広い駐車場を備えて欲しい。いろいろと難しいですね。

【撮影:2018年3月1日/那覇市与儀公園のカンヒザクラ】

今日(2018年3月1日)の午前中撮影しました。図書館に隣接する与儀公園の桜です。ほとんどの桜はピークを過ぎていましたが、いまが花盛りの樹もありました。

【撮影:2018年3月1日/那覇市与儀公園のカンヒザクラ】

明後日3月3日は旧暦1月16日にあたり、宮古・八重山では「十六日(ジュウルクニチ)」のグソー正月(あの世のご先祖様たちのお正月)が盛大に行われます。

3月4日は「三線の日」、3月5日は「サンゴ(珊瑚)の日」、旧暦1月20日にあたる3月7日は「二十日正月(ハチカソーグァチ)」で辻界隈では華やかなジュリ馬がご覧いただけるでしょう。そして3月8日は「三板(さんば)の日」と、この3月上旬は行事やイベントが続きます。

【撮影:2016年3月13日/那覇市辻にて「二十日正月のジュリ馬」】

私の3月の手帳を開いてみると、「3/1(木)-14、3/2(金)-17、3/3(土)-13」と鉛筆でメモ書きしています。何のことかと言えば、海の干潮時の潮位のことです。仕事が立て込んでいて島に遊びに行く余裕はありませんが、あわよくばマイナスのときに阿嘉(あか)島へ行こうと企てていた筆跡でした(笑)
そろそろサバニの練習もはじめないとなー。

一昨日は沖縄本島中部西海岸の北谷(ちゃたん)発のホエールウオッチングへいってきました。さてさて、ミカさんはクジラをみれたのでしょうか??
船長さんに「クジラがよく見えるのは、どんなお天気のときか?!」を教えていただきましたので、次はホエールウオッチングについて綴りたいと思います。o(^-^)o

最後までお読みいただきありがとうございました。&今日もステキな一日を☆

みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

 

世界遺産・今帰仁城跡の夜桜ライトアップ ー 「今帰仁グスク桜まつり」

こんにちは。本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます☆
昨日2018年2月8日(木)は朝から取材で「やんばる(山原)」でした。やんばるの境界は人によって異なり曖昧なのですが、「やんばる」とは「沖縄本島北部」のことです。
東村有銘 → 名護市伊差川とまわり、17時頃に今帰仁(なきじん)村にある世界遺産のひとつ「今帰仁城跡」へ行きました。お目当ては、夜桜です。

「今帰仁グスク桜まつり」期間中は、夕方から城跡と桜がライトアップされ、とても幻想的でステキです。

全体的に、桜はピークを過ぎてしまったようです。それでも、年に一度の楽しみなので、来て良かったなぁと思います。

今年2018年は、2月12日(月)までライトアップがお楽しみいただけます。

今帰仁グスク桜まつり http://www.nakijinson.jp/sakura_festival1
今帰仁城跡公式サイト http://nakijinjoseki.jp/

暖かい服装で、今帰仁城跡へぜひどうぞ♪

今日もご愛読にふぇーでーびる☆
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

名護「羽地ターブックヮー」のコスモス畑

沖縄本島北部・名護(なご)市の羽地(ハニジ/はねじ)地域は、琉球王朝時代から続く沖縄有数の水田地帯。水源となる羽地大川は長さ約6キロメートル、沖縄の長流の一つです。
地元で「羽地ターブックヮー」と呼ばれる水田地帯は、毎年1月になると愛らしいコスモスのピンクの絨毯が広がり、人々の目を楽しませてくれます。

沖縄県名護市「羽地ターブックヮー」のコスモス畑【撮影:2018年1月21日(日)17:30頃/小雨】

2018年1月21日(日)午前、沖縄本島北部・名護市はお天気に恵まれました。名護市では『NAGO(名護)ハーフマラソン』が開催。多くのランナーが青空のもと朝から気持ちの良い汗を流していました。ランナーたちと並走して国道58号線を北上していくと、名護の1月の風物詩、ローソン名護田井等(なごたいら)店近くのコスモスが満開。ピンク色の絨毯が広がっていました。午前中は立ち寄ることが難しく、ピンクの絨毯は一瞬で過ぎ去りました。夕方になって、あらためてコスモス畑に立ち寄りました。あいにくお天気が崩れ、このときは小雨。”やっぱり青空のときに寄りたかったな”と惜しみつつも、小雨の冬風にゆれるコスモスは愛らしく、ほっとこころをあたためてくれました。

沖縄県名護市「羽地ターブックヮー」のコスモス畑【撮影:2018年1月21日(日)17:30頃/小雨】

「農家さんが肥料にするため&観賞用にコスモスを植えたものが数年前から話題になり、観賞客も増え、今年からイベントがはじまったそうです」と名護の友人談。そのイベントとは「はねじコスモスフェスティバル」。先日2018年1月20日(土)に開催されたそうです。

 

沖縄は一年中、どこかしら花が咲いています。o(^-^)o

みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

マグロ1本! ヤギ1頭!が当たる!!『糸満フェア2018』&今日の那覇の風景

いつも沖縄ジョートー市場ブログ『ななろぐ』をご愛読いただきありがとうございます。
愛称・七海(ななみ)として、2007年から『ななろぐ』を綴り続け、たいへんお世話になった『てぃーだブログ』さんを2018年、本日をもって卒業いたします。
今後は、店主・美加のブログをこちらの沖縄ジョートー市場サイトで綴って参ります。内容は『ななろぐ』同様です。
沖縄ジョートー市場のこと、ライター、司会、イベント企画など仕事のコト、海や旅、音楽、プライベートetc・・・、ときどきプラスになる情報などなど、なんでもアリでゆるゆると綴って参ります。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。o(^-^)o

//
ちゅううがなびら。七海ことミカ@お天気の那覇です。
1月10日、桜が開花しているというニュースがありました。
—-
Weathernewsより抜粋
・・・10日(水)昼前に、沖縄気象台から那覇市で桜開花の便りが届きました。 平年より8日早く、昨年より4日早い開花です。・・・
【出典引用】 https://weathernews.jp/s/topics/201801/100115/
—-

◆与儀公園の桜
桜はまだまだだろうな~とは思いつつ、お天気で気持ちがよかったので、先ほど、ほんの少しだけ那覇の与儀公園に立ち寄りました。
桜が咲いている気配はなく・・・。まだまだな感じでした。

少し川沿いを歩いてみたら、やっとこさ1つだけ咲いていました。
今年も桜、楽しみです。いっぱい咲くといいなぁ(#^.^#)

 

◆糸満フェア2018
本日、那覇市赤嶺のウチのポストに入っていました♪ 昨年も入れてくださっていました『糸満フェア』の案内広告です。

マグロ1本! ヤギ1頭!が当たる!!
これだけでテンションが上がります(笑)
実はまだ一度も伺えていません。日曜は朝から大宜味ですので、土曜に行けたらいいな♪

 

◆昼下がりの小禄新町@那覇

うちから歩いて15分ほどのところにあります、むかーしからある小さな飲み屋街「小禄新町(おろくしんまち)」。
なかなかディープな飲み屋街で、那覇人(なーふぁんちゅ)の方も、「行ったことない」って方の方が多いです。
アメリカ世の時代でしょうか?? 小禄新町の道路にも早朝、ドル紙幣やお金がたくさん落ちていたのだとか。

 

他愛もない今日の那覇の風景をお届けいたしました♪o(^-^)o 今日もご愛読にふぇーでーびる☆
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆