大城冷蔵庫の書簡 <1通目> 冷蔵のすすめ

ぐすーよー、ちゅううがなびら(みなさま、こんにちは)☆ (^-^)/
本日も沖縄ジョートー市場店主ブログへお越しいただきありがとうございます♪
&いつも沖縄ジョートー市場をご愛顧いただき、まことにありがとうございます☆
那覇から七海(ななみ)こと「ねこ」こと、店主・ミカ(安積美加・ASAKA MIKA)です。

台風2号の動きが気になっているところへ、大城冷蔵庫から1通目の書簡が届きましたので、さっそくご紹介したいと思います。o(^-^)o

 

大城冷蔵庫の書簡 <1通目> 冷蔵のすすめ

蔵のすすめ。

この頃の消費者はすぐ冷凍する。

いや、消費者だけでなく事業者も。

非常にもったいないと思う。

冷蔵で、魚でも刺身(生食)でなけりゃ一週間は持つ。
肉なら十~十二.三日は持つ。

しかし、安全の為とは思うが二~三日ですぐ冷凍だ。

魚も肉もタンパク質がおもな栄養素で、それが熟成することによってアミノ酸が増えて旨くなるのだ。

加熱して食すので表面に繁殖した細菌は死滅するので心配ない。
ただし、しっかり加熱すること。
細菌は必ず生息しているもので、冷凍したら全滅するわけではない。
冷凍から解凍に入った時点で仮死状態の細菌が復活して増えはじめるのだ。
もし、冷凍によって細菌が全滅したのなら、解凍しても腐らないってことになるが そうはならないだろ、って事だ。

菌は全てが悪いわけでない。
菌と上手く付き合うことが大切なのだ。

すぐに冷凍しないメリットをあげよう。
それは、必要な分しか食材を買わなくなることだ。
それにより冷蔵庫のなかがスッキリして冷蔵.冷凍にかかる電気料が押さえられる。

また、冷蔵庫の寿命も伸びる。
日本製家電は質が良い。
たまに「冷蔵庫は十年持てば良いよね」と聞くが、余計なものでパンパンにしなけりゃ二十年は持つ。モーターに負担をかけなきゃ持つもんだ。

それなのに、冷凍安全神話かなにかに頼ってムダにフリーザーまで密にして、おまけにフリーザーにある冷凍されたのと同じ食材を新たにチルドでまた買った、なんてことをする輩が多いもんだ。

まあ、一般家庭ではしょうがない事情もわかるが、事業者でこういう事をしているところが意外と少なくない。
大丈夫か?と思うのだが、他人の経営に首を突っ込むことになるので黙って見てる。
しかし、ネタとしては為になりそうなのでこの記事を書いた。

蔵庫がない時代にハムもソーセージもできてるのだ。
冷蔵庫がない時代だからこそ、塩の力を使い細菌繁殖を押さえたハムやソーセージといった加工肉が生まれたのだ。魚の干物もそうだし、イカの塩漬けなど、、、世界にたくさんある。

食材を大切にする精神から生まれた知恵を現代人の我々は享受してるのだ。
冷蔵庫を使うな、電気を使うな、と言いたいのではなく、文明頼りすぎてを粗末にしない生活をしては、と思ってるだけだ。

また今日も冷凍庫に沢山の無駄な仕入れ品を積めながら切におもう。
仕入れたぶん金も支払わなければならないのに。

仕入れは全然考えぬ
年内仕入れは考えぬ
当分仕入れはありえない
極力仕入れはおさえたい
今のところ仕入れは見送りたい
すぐに仕入れを認めない

仕入れがあるとしても今ではない
すぐに仕入れを認めない
仕入れせざるを得ないという声もあるが
仕入れするかは検討中である
仕入れも避けられないかもしれないが
まだまだ時期が早すぎる
仕入れの時期は考えたい
仕入れを認めたわけではない。
すぐに仕入れはしたくない
仕入れには消極的であるが
年内仕入れもやむを得ぬ
近く仕入れもやむを得ぬ
仕入れもやむを得ぬ
仕入れに踏み切ろう

大城冷蔵庫に「この書簡の最後はラップ?」と尋ねてみたところ、
「これはフォークで高田渡が歌ってる値上げって歌の値上げの部分を仕入れに変えただけだ。」と返信が来ました。

下記はYouTubeで見つけた動画です。

 

高田渡氏の楽曲「値上げ」は、2016年、
七海もちょくちょく買って食べている『ガリガリ君』で知られる赤城乳業のCMで使用されていたようです。

が、
ぜんぜんわかりません!
知りませんでした。

それもそのはず、地上波ではたった3回だけのオンエアだったそうです。

 

赤城乳業公式サイトより2016年4月に、25年ぶりの値上げにともないオンエアした赤城乳業「ガリガリ君」の値上げCM。高田 渡さんの名曲「値上げ」に合わせて、会長、社長以下社員が頭を下げておわびするCMは、国内外で大きな話題になりましたが、実は地上波たった3回のオンエアでした。

【出典】赤城乳業公式サイト『2017年最も多くの広告賞に輝いたあのCMが帰ってきた!』より

大城冷蔵庫の書簡 <1通目> は、食品業界に長らくいる大城冷蔵庫らしく“冷蔵”のネタでした。

「次回からはもっと面白いものにする。」
とのことです。

大城冷蔵庫、1通目の書簡をありがとう。
2通目の書簡も楽しみに待っています。
 
 
本日は大城冷蔵庫の書簡をご紹介いたしました。
本日もご愛読にふぇーでーびたん☆

うまんちゅぬ あちゃー かふー うにげーそーいびーん。
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

オススメの民謡居酒屋「遊処 永楽」さん@沖縄県那覇市の栄町

ぐすーよー、ちゅううがなびら(みなさま、こんにちは)☆ (^-^)/
本日も沖縄ジョートー市場店主ブログへお越しいただきありがとうございます♪
&いつも沖縄ジョートー市場をご愛顧いただき、まことにありがとうございます☆
那覇から七海(ななみ)こと「ねこ」こと、店主・ミカ(安積美加・ASAKA MIKA)です。

辻旧廿日正月神事を今年も無事に奉行させて頂き、ほっと一安心。
ちょっとは余裕できたかな~、と思ったのも一瞬のことで、やること一杯。アタマぐるぐる気味です(苦笑)

アタマぐるぐる~してばかりいたら大変なので、
息抜きも必要よねー。
ということで、
今日は那覇市栄町でオススメの民謡居酒屋「遊処(あしびどぅくる) 永楽(えいらく)」さんをご紹介いたします。o(^-^)o

2005年開業の「永楽」さん。
噂で聞いたことはありましたが、初めて訪れたのは割と最近です。
居酒屋さん、ライブハウス、民謡クラブ、民謡スナックなど、沖縄には民謡を聴かせてくれるお店はたっくさんあります。
そんななか、永楽さんは、七海の知っている宮古(宮古島)の居酒屋さんと重なるなぁということで親近感大!
その理由は次の3点です。

七海が栄町@沖縄県那覇市の「遊処 永楽」さんをオススメする理由

    1. 多くのお店がステージでマイク&スピーカーを通して民謡ライブをされているなか、「永楽」さんは、ステージもなくてマイクを介さない、“生の唄声と三線”だから! → ナマがいいんです♪
    2. 近所の仲間が集まったような“沖縄の暮らし”がそのままある感じが良いです。 → ゆる~いアットホームな感じがGood♪
    3. お店側とお客様側、常連さんも初めての方も、とにかく、垣根がない感じ♪ → 一見さんもお一人様も楽しめます☆

詳しくは下記記事をご覧ください。

※コロナ禍ということで、2人以上いっしょに写っている写真は掲載できず、なんだかクールな雰囲気になっていますが、実際はとても和気藹々としています。o(^-^)o

 

お店のオリジナルTシャツかと思ったら・・・(笑)

 

実は、
最近、
これまでしなかったような、
考えられないようなミスを連発している七海です ・・・。
ほんと参るなぁ。。。(>_<)
自信なくす。。。(T_T)
ところですが、、、

泣きながらでもがんばります!!

何があっても、
生きていくしかないからね。

今日もご愛読にふぇーでーびる☆
最後までお読み頂きありがとうございました。

うまんちゅぬ あちゃー かふー うにげーそーいびーん。
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆