久米島・兼城の十五夜へ

那覇からこんばんは☆
本日も沖縄ジョートー市場ブログへお越しいただきまことにありがとうございます。
七海(ななみ)こと沖縄ジョートー市場店主・ミカです。

明日9月13日(金)は令和に入ってはじめての十五夜(旧暦8月15日)です。
十五夜やその前後には沖縄県内各地で、獅子舞の奉納や、「村あしび」「八月あしび」「八月踊り」といったまつりが開催されます。

那覇からフェリーで約3時間半の久米島(くめじま)では兼城地区の十五夜が有名です。
いつか行ってみたいなぁと思っていたところ、兼城の方から「是非、十五夜遊びに来てください!!」とメッセージをいただきました。

大きなクファディサが目印の兼城港近くにある兼城公民館。 この立派なクファディサは、平成24年5月に久米島町の天然記念物(樹木)「兼城コバデイシ」に指定されました。 樹高約10m、推定樹齢約250年という大きなクファディサが涼み処となるよう木陰を作っています。そばには「くはでさ節」の歌碑が建立されています。

兼城地区は、2014年に久米島で開催した『全島しまうた交流会』で大変お世話になったところです。
全島しまうた交流会は、沖縄県内各島各地のしまうたをご紹介する連載『恋ししまうたの風』の取材を通じて知り合った唄者さんたちの集いです。流派の垣根を超えて、沖縄県内12の島で暮らしている唄者さんたちが2014年、はじめて久米島に集い、親睦を深めました。
その後、島々の唄者さんたちの想いによって、宮古島、与那国島と交流会は続いています。
が、兼城のみなさまとはタイミングが合わず、2014年以来お会いできていませんでした。
今回、兼城の方からメッセージをいただきましたので、さらに「ぜひ行きたい!!」という想いが強くなり、なんとか無事に調整ができました。

2019年 久米島兼城 十五夜(兼城公民館)
9月13日(金)拝所まわり 18時半頃~
9月14日(土)村あしび  18:30~21:00

七海は両日夕方6時頃を目安に兼城公民館へ行くつもりです。
明日金曜の拝所廻りは公民館をスタートして獅子舞とともに何ヶ所か拝所をまわるそうです。

土曜の村あしびは、エイサーや民謡ショーなどの余興が盛りだくさん。屋台も出るそうです。
とくに気になるのは、獅子舞(18:55/20:25の2回登壇予定)、「白瀬走川」(19:35登壇予定)、「しゅんどう」(19:55登壇予定)です。

「獅子舞」は、疫病が蔓延した二百数十年前に厄払い、五穀豊穣祈願で始められたという歴史があります。

「白瀬早川節」は「字兼城の家号クシウフタの上江洲教善(俗にヒャークタンメー)から伝えられ、二百年前後の伝統的舞踊として伝承されている。」と解説があります。

「しゅんどう」は、琉球古典舞踊中の唯一の仮面踊り。美女と醜女の心情を表現したユーモラスな演目。冊封使を歓待する御冠船踊りのひとつで、番組の最後に組まれた打組み踊りです。
2013年のしまうた取材時に兼城公民館で特別にご披露いただいた「しゅんどう」

美ら島物語 島唄連載『恋ししまうたの風』久米島関連の記事

第8回「黒石森城節」久米島(2011.10.26. up)

第26回「くはでさ節」久米島(2013.8.22. up)

特別編 「サイコー!」のひとことに尽きます。全島しまうた交流会in久米島2014~前編~(2014.6.10. up)

特別編 大大成功でした!!全島しまうた交流会in久米島2014~後編~(2014.6.30. up)

美ら島物語 あてのない旅 島旅散歩 久米島

2013年、ホーミー漁りに連れて行っていただいたときの久米島「はてのはま」

7月に約8年ぶりに訪れた徳之島もそうでしたが、久米島も公私ともに何度も訪れていますので、改めて観光というより、「お世話になった島のみなさまに会いに行く(飲みに行く)」という感じです。

お天気であれば、はての浜に行きたいなぁとは思いますが、日中の予定は未定。
今回はフェリーで行って、公民館も宿も港から徒歩圏内ですので、レンタカーを借りずにのんびりするのもありかなと思い、三線を持って行こうかなと思っています。

2泊3日の久米島旅、嬉しい再会がたくさんあることにワクワク♪
台風16号が気になりますが、明日からフェリーで久米島へ行ってきます。

今日もご愛読にふぇーでーびる☆
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

 

今宵は空を見上げて ~ 十三夜「月ぬ美しゃ」

ぐすーよー、ちゅううがなびら(みなさま、こんにちは)。
本日も沖縄ジョートー市場ブログへお越しいただきまことにありがとうございます。
青空の広がる那覇から七海(ななみ)こと沖縄ジョートー市場店主・ミカです。

今宵は十三夜。
八重山に「月ぬ美しゃ」という子守唄があります。※詳細はリンク先をどうぞ。

「月ぬ美しゃ」
月ぬかいしゃ 十日 三日
女童かいしゃ 十七つぃ
ホーイーチョーガー

(大意)
月の美しいのは十三夜
娘さんが美しいのは十七歳の頃
ホーイーチョーガー

「例えば満開の桜や満月は誰もが美しいと思うでしょう。
でも、まだ完成じゃない、完成に限りなく近い未完成に、“想い”を託すんだと思います」
と、八重山を代表する唄者のおひとり、金城弘美さん。

満月ではなく、あえて十三夜の月が美しいと唄っている「月ぬかいしゃ」。
十三夜になるとこのついウタに思いを馳せます。

今宵は十三夜、夜空を見上げてみてはいかがでしょうか?

今日もご愛読にふぇーでーびる☆
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

 

「第14回なりやまあやぐまつり」参加申込み締切迫る

ぐすーよー、ちゅううがなびら(みなさま、こんにちは)。
本日も沖縄ジョートー市場ブログへお越しいただきまことにありがとうございます。
早いものでもう9月!
時間ぬへーさんくとぅ!(時間のはやいこと!)
身も心もついていけていない七海(ななみ)こと沖縄ジョートー市場店主・ミカです。


昨日、在沖友利(ともり)郷友会から今年の敬老会&忘年会の案内状が届きました。

在沖友利郷友会というのは、沖縄本島で暮らしている(在沖)、宮古島の友利出身者の集まりです。
七海は友利出身ではありませんが、気持ちは「友利」! で、宮古島の友利のみなさまとだいず(とっても)仲良くしていただいているご縁から、在沖友利郷友会の方ともお付き合いさせて頂いている次第です。感謝☆

案内状には、ひときわ太い文字で、「ま~つき~あすぱや~」 と書かれていました。
「ま~つき~あすぱや~」は宮古島の方言で、「いっしょに遊ぼう!」という意味です。(^^)

宮古島の言葉はとても難しく、「す゜」「き゜」「つ゜」などの表記があったりします。
宮古島・友利(ともり)の会話はこんな感じです。→ 少し会話をみてみる。
まぁ、とにかく難しくって、何を言っているのかさっぱりわからず(苦笑)

でも、可愛らしい表現もあって、例えばこんなのもあります。

「酒はまだあったか~!?」
「にゃ~んゆ~」

「にゃ~ん」、「にゃ~んゆ~」というのは、「ありません。ないよ~」という意味。
これは簡単だし、ネコのようにかわいいので、七海も率先して使っています(笑)

友利(ともり)は、宮古島を代表する教訓歌「なりやまあやぐ」発祥の地とされる部落です。

※部落 ・・・ 沖縄では「部落」=「集落」です。差別的な意味合いは一切ありません。日常的に使われていることばです。


第14回なりやまあやぐまつり

2019年10月13日(日)宮古島友利インギャーにて開催

今年の「なりやまあやぐまつり」は例年より締切が早まっているようです。
参加申込み締切:2019年9月10日(火)到着分まで
参加予定の方はお早めにお申し込みくださいね。

なりやまあやぐまつり公式HP

今年も「なりやまあやぐまつり」の司会を務めさせていただきます。
みなさま、友利でお会いいたしましょう♪

今日もご愛読にふぇーでーびる☆
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

パタヤのおいしい一品☆人気シーフード・レストラン「PUPEN」蟹とたまごのカレー(プーパッポンカリー)

ぐすーよー、ちゅううがなびら(みなさま、こんにちは)。
本日も沖縄ジョートー市場ブログへお越しいただきまことにありがとうございます。
昨日の朝、バンコクから那覇に帰ってきました。七海(ななみ)こと沖縄ジョートー市場店主・ミカです。

2019年、令和元年の夏休みは、2~3年振りにタイで過ごしました。
タイにはかれこれ25年くらい前から何度も行っているのですが、今回はじめてパタヤ(PATAYA)に滞在しました。
パタヤの同じ宿に5泊8日の何もしない、のんびり旅。那覇にいるときよりよく眠れました(笑)
パタヤ全般については別に綴るとして、今日は滞在中あまりにも気に入って、2回も食べに行ったレストラン&1品を綴りたいと思います。

パタヤの人気シーフード・レストラン「PUPEN」

パタヤ中心部から少し離れたところにある海沿いの「PUPEN SeaFood」。※公式HPはタイ語です。
いろんな方がご紹介しているパタヤでかなり有名&人気のあるシーフード・レストランです。

七海たちはパタヤの南部の少し落ち着いた海岸通り Jomtien に滞在していましたので気軽に行けました。
パタヤの中心部からも乗り合いのソンテウ「Jomtien 行き」に乗って行くことができますよ。
乗り合いソンテウの料金はひとりTHB10~20(10~20バーツ)です。
中心部から、Jomtienの海外沿いをずーっと南に走るソンテウ、ちょうど「PUPEN」のところで左折します。
「PUPEN」レストランは、大きなワタリガニ(かな?)が目印です。

七海たちは予約せずに行きました。席は自由みたいで、好きな席に着くとスタッフが来てくれます。
レストランはかなり広いです。でもスタッフもたくさんいるので、とくに困ることはありませんでした。
夕方からは生演奏もありました。
ちなみに、トイレも無料でトイレットペーパー完備、キレイです。

※パタヤのトイレ事情
店内のトイレにも関わらず、利用時に THB5~20 支払うシステムの店舗もありました。
トイレットペーパーを置いていないところや、チリ紙に別途料金を支払わなければならないところもありました。
七海のようにトイレと仲良しな女性は小銭(THB5~20)とともに、少しトイペを持ち歩いた方がベターかも。
まったくの余談ですが、チェックアウト後におなかの調子を悪くしたときはホテル「HILTON」(16階ロビーのトイレ)がとても助かりました。もちろん無料でキレイです。なにより、近くに広々としたソファーもあったのでかなり助かりました。(。>﹏<。)

レストランのすぐ向かいに、スルメだかイカを売る屋台がいくつか出ていました。
シーフード・レストランの目の前で買う人はいるのかな? と少し不思議に思っていましたが、意外と売れていました。

あれこれと食べてみたかったのですが、意外と量が多く、ふたりだと3皿でいいくらいでした。

そんななかで、七海が一番気に入った一品がこちら↓。蟹とたまごのカレー炒めってところでしょうか。
蟹肉もゴロゴロ入っていて、ふわっとしたまろやかな口当たり。あまりの美味しさに感激!
もう一回食べたい! とこの一品のために、2回も「PUPEN」に来ちゃいました。

เนื้อปูผัดผงกะหรี่
Stir-Fried Crab Meat with Curry Powder and Eggs

タイ語はまったく読めませんが、調べてみたところ、どうやら日本語で「プーパッポンカリー」のようです。

こちらのプーパッポンカリー、七海にとってはパタヤで一番おいしかった一品。
ですが、旦那は別のレストランのカレーとラープが一番気に入ったようでした。
やはり食の好みは千差万別ですね(苦笑)


お酒のアテに。ピリッと辛い貝のバジル炒め。
お酒は、タイのビール 「ChanBeer」とブランデー「REGENCY」。REGENCYはコーラ割りにして飲みます。

2回目に訪れたときのこと。
海沿いの道路を、限りなくお店の敷地ギリギリに、カラオケを引っ張りながら歌い歩く女性がいました。
あまりに強烈で目を奪われました(笑)

妙齢の女性がおひとり、なかなかの大音量で流しつつ、ゆっくりと歩きながらカラオケを歌っています。
いろんな商売があるものですね。
こんな流し(?)、はじめて見ました(笑)

タイ語ができない上、曲名も歌手名もわからないのに、好きなタイの歌を口ずさんでリクエストした旦那。
チップも渡したので、女性も「OK! OK!」と上機嫌。

いざ、歌ってもらうと・・・、ぜんぜん違う曲でした!(笑)
これも旅の楽しい思い出です。(^^)

2回とも愛らしいこちらの彼女にサービスしていただきました。
8月13日に行って、8月16日に行ったので、さすがに覚えてくれていました。
ほんとかわいくて、細くて、笑顔もステキで、良い娘さんでしたー。


「PUPEN」支払いはカードもOKでした。

※パタヤのカード払い事情
パタヤでカード払いOKのところはすべてVISAで済ませました。
ちなみにDinersはNGのところが多かったです。

tripadvisor「PUPEN」

 

民謡ライブ☆8/19(月)&8/20(火)マイクでお待ちしております。

ステーキハウス Mr.マイク
住所/沖縄県那覇市辻2-4-1
電話/098-863-1838
営業時間/11:00~23:00(L.O.22:30)
定休日/年中無休(旧盆ウークイのみお休み) ※ライブのみ木曜休み
駐車場/近隣コインパーキング(1時間半のサービス券有り)
民謡ライブ/1日2ステージ(20時&21時) ※無料です

<ミカより>
店名はアメリカンだけれども、バリバリうちなー(沖縄)のまったりゆっくりしていただけるステーキハウスです。(お酒のみもOKです)
ミカは基本的に月曜・火曜(20時~21時30分)マイクにいます。
お気軽に遊びにいらしてくださいね。お待ちしております。o(^-^)o

今日もご愛読にふぇーでーびる☆
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

沖建協 第11回フォトコンテスト 令和元年9月13日(金)締切

沖縄の建設業界を広く知っていただくために、今年も沖建協さんのフォトコンテストが開催されます。
締切は令和元年9月13日(金)です。
沖縄県建設業協会 青年部会 第11回フォトコンテスト ~島の魅力~

 

七海(ななみ)こと店主・安積美加は、こちらのフォトコンの第8回に応募させていただきました。
沖縄県建設業協会青年部会 第8回フォトコンテスト ~島の魅力~「人の部」最優秀賞受賞

第10回では、第10回開催記念の特別賞として「グランプリ賞」が設けられ、過去第1回から第10回までの「人の部」と「造の部」をあわせた最優秀賞作品20作品からグランプリ賞に選んでいただきました。
沖建協フォトコンテスト「島の魅力 」第10回表彰式 ー グランプリ賞受賞

 

現在、七海のカメラ(一眼レフ)は、、、修理に出しています  (*_*)

七海がカメラを持つようになったのは、実は沖縄ジョートー市場をはじめてからです。それもコンデジ、です。
商品を撮ったり、生産者さん、現場のようすを写真でも伝える必要があると思ったからです。
一眼レフを持つようになったのはライター業をはじめてから。なのでわりと最近なんです。←と思っています(笑)

それまでは、「思い出はすべて目と胸に焼き付ける」ことを信条に旅していました。
カメラを持つと、撮影に夢中になってしまって、目の前の「たいせつな何か」が疎かになってしまいそうな気がしていたからです。

最近はスマホでもとってもキレイに美しく撮れるので、プライベート旅はスマホだけで済ませることも多々あるのですが、写真を撮るようになってから思うのは、「写真はあとで見返すと楽しいかもー」です(笑)
まぁ、いまはTPO使い分けてー、やっているつもりです。o(^-^)o

七海の写真や文章で、誰かが喜んでくれたら嬉しいな、と思っています。

今日もご愛読にふぇーでーびる☆
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

2019年8月 休業のお知らせ & 旧盆アンガマ

いつも沖縄ジョートー市場をご愛顧いただきまことにありがとうございます。
いっぺーにふぇーでーびる。しかいとみーふぁいゆ~。すでぃがふー。あらーぐふがらっさゆー。

※出荷のご連絡を差し上げました商品お待ちのお客様へ
台風と帰省ラッシュの影響で宅配便が予定より3日ほど遅れているようです。
ご心配ご迷惑をお掛け致しますが、いましばしお待ち願います。

※仲間おじぃの奇跡のマンゴー、ケンちゃんマンゴーのご注文を承っておりますお客様へ
引き続き最良の状態で収穫・出荷いたします。
出荷の際はメールにてご連絡さしあげます。
いましばしお待ちくださいませ。

2019年8月 休業のお知らせ

下記期間、沖縄ジョートー市場は休業させていただきます。

沖縄ジョートー市場 2019年8月休業期間
2019年8月11日(日)~2019年8月18日(日)

休業中もご注文は可能ですが、旧盆にともない沖縄県内の生産者さん、製造メーカーさん、みなさま休業となりますので、出荷手配は2019年8月19日(月)以降となります。
ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞよろしくお願い致します。

旧盆といえば石垣島の「アンガマ」

今年は旧盆と新盆が重なります。
お盆といえば、石垣の「アンガマ」が思い出されます。

2010年の旧盆、はじめて石垣島の伝統行事「アンガマ」を拝見させていただきました。
下記リンク先の文を担当させていただきました。
美ら島物語 石垣島のアンガマ レポート

この頃はカメラマンさんも同行でしたので、七海はライター業に集中することができました。
同行のカメラマンさんは、年齢の近い女性だったので和気あいあいと楽しかったです。

「アンガマ」から2ヶ月後。
宮古島「パーントゥ」は、はじめてひとりで撮影・執筆も兼ねた取材へ。
宮古島行き搭乗直前の那覇空港で、人生で初めて「一眼レフカメラ」を貸し出されました。
一眼レフはこれまでまったく触ったことがなかったので、操作方法もわからず、かなりビビりました(笑)
初めての一眼レフで撮影も担当することとなり、ちょっぴり(かなり)不安に感じたこともいまでは懐かしい思い出です。
それからは、いつもひとりで取材旅。
またいつの日か、だれかと一緒に取材旅に出られる機会があったら楽しいだろうな。

取材は、出会い。

今後も取材を通じて、いろいろな素晴らしい出会いがありますように。

他愛もない懐かしい思い出を少し振り返り綴りました。
お付き合いありがとうございました。

みなさま、よいお盆をお迎えくださいませ。

沖縄ジョートー市場
七海 こと 店主・安積 美加

ケンちゃんマンゴー 8月7日(水)午後3時までご注文受付中!

ケンちゃんマンゴー豊作です!

7月31日の朝収穫したケンちゃんマンゴーの糖度は16.2度ありました♪
(※ご参考までに、宮崎を代表するマンゴー「太陽のタマゴ」の糖度は15度以上です。)

最新レポートは下記リンク先をご覧ください。

ただいま収穫・出荷中&ご注文受付中! ケンちゃんマンゴー☆沖縄の農園だより

「限りなく無農薬に近く」を目指す沖縄県産減農薬ケンちゃんマンゴー 8月7日(水)午後3時までご注文受付中です!

ご注文こころよりお待ちしております。

沖縄県産 減農薬 ケンちゃんマンゴー

ただいま収穫・出荷中&ご注文受付中! ケンちゃんマンゴー☆沖縄の農園だより

こんばんは☆ (^o^)/
本日も沖縄ジョートー市場ブログへお越しいただきまことにありがとうございます。
ここ数日、快晴が続いている沖縄から七海(ななみ)こと沖縄ジョートー市場店主・ミカです。

快晴の昨日(2019年7月31日)午前中、ケンちゃんのマンゴー農園に行ってきました。
待ち合わせの時間、事務所に伺うとケンちゃんは今朝収穫したばかりのマンゴーを選別、箱詰めしているところでした。

朝6時前から収穫作業をはじめ、収穫したマンゴーの選別、箱詰め、と忙しくされていました。

朝収穫したばかりのケンちゃんマンゴーの糖度を計ってみました。

「味には自信あるよ。味のクレームは一度もきたことがないからね」とケンちゃん。

収穫したばかりのケンちゃんマンゴーを切ってみたところ、色がまだあふぁい(淡い)のですが、糖度は16.2度ありました。
※ご参考までに、宮崎を代表するマンゴー「太陽のタマゴ」の糖度は15度以上です。
マンゴーは追熟できる果物です。お手元に届きましたマンゴーはすぐにお召し上がり頂けますが、お好みで追熟させてみるのもよいかと思います。
※冷蔵でお送りしていますので、お手元に届きましたマンゴーは冷蔵庫で保存ください。

<七海の豆知識>
マンゴーは追熟できる果物ですが、パイナップルは追熟しません。パイナップルはご購入後、すぐにお召し上がりいただくことをオススメいたします。o(^-^)o

いつもは必ずハウスへエスコートしてくださるケンちゃん。ですが、「朝からずっと立ちっぱなしでもうクタクタ。ごめんだけどもう限界。ハウスまで行けないや」と言って、ケンちゃんは事務所に残られ、今回はじめて七海ひとりでハウスへ行ってみました。いつも連れて行って頂くばかりなので、道はなんとなく覚えている程度。少し迷いつつもケンちゃんのハウスへ無事到着しました。

令和元年、豊作のケンちゃんマンゴー。
すでにご注文を承っていますお客様へは最良の状態で収穫・出荷、順次お届けしております。
まだお手元に届いていないお客様はいましばしお待ちくださいませ。

「限りなく無農薬に近く」を目指す沖縄県産減農薬ケンちゃんマンゴーは8月7日(水)までご注文受付中です!
ご注文こころよりお待ちしております。
沖縄県産 減農薬 ケンちゃんマンゴー

今日もご愛読にふぇーでーびる☆
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

石垣島・登野城の豊年祭(オンプール)@天川御嶽

ぐすーよー、ちゅううがなびら(みなさま、こんにちは)。
本日も沖縄ジョートー市場ブログへお越しいただきありがとうございます☆
でーじ(とっても)良い天気の那覇から七海(ななみ)こと、沖縄ジョートー市場・店主のミカです。
海に行くにはサイコーのお天気なのですが、今日はホームページ制作の仕事をしています。(沖縄ジョートー市場の運営会社・合同会社ジョートーでは、企業様のホームページ制作、コンサルティングも承っております。お気軽にご相談くださいませ。)

先週は沖縄県内各地で豊年祭が開催されました。
今日の写真は、先週木曜(2019年7月25日)夕方、石垣島にてスマホ&コンデジで撮影したものです。(ブログの記事が時系列通りでなくてごめんなさい。)

先週、八重山諸島にある離島で、「パナリ」とも呼ばれる「新城島(あらぐすくじま)」の豊年祭に行ってきました。
新城から那覇への帰り道、石垣島在住のライター仲間からの声掛けで立ち寄ったのが、石垣島の登野城(とのしろ)の豊年祭です。

石垣島の離島ターミナルから歩いて10分ほどにある、四ヶ字(しかあざ)のひとつ、登野城(とのしろ)の天川御嶽(アーマーオン)です。

御嶽に到着した時間は終盤で、最後の獅子舞がチラッと拝見できました。
沖縄本島では獅子舞は一頭であることが多く、宮古・八重山の獅子舞は二頭が多いようです。

子どもたちが怖がる獅子舞。とある男の子は(※写真のお子さまではございません)、なんと獅子舞にパンチや蹴りをお見舞いするという勇敢さでした(笑)

石垣島の四ヶ字の豊年祭は2日間かけて行われるようです。
1日目は今年の収穫物への感謝儀礼で、各字ごとに各字の御嶽で奉納されるそう。八重山では、御嶽(うたき)を「オン」とも言いますので、各御嶽で開催される豊年祭を「オンプール」と呼ぶようです。
2日目は4つの字が集まり、これから先1年の予祝儀礼を村全体で行うので、「ムラプール」と呼ぶそうです。

チラッと拝見できただけですが、豊年祭は地域ごとに特色がありますので、楽しかったです。o(^-^)o

奇跡のマンゴー&ケンちゃんマンゴーご注文お待ちしております

豊作です! こだわりの沖縄県産マンゴーご注文受付中☆
アヒルのいる農薬未使用のマンゴー農園です! 仲間おじぃの奇跡のマンゴー ご購入はこちら
「限りなく無農薬に近く」を志す! 減農薬ケンちゃんマンゴー ご購入はこちら
みなさまのご注文こころよりお待ちしております。

すでにご注文を頂いているお客様には大変お待たせして申し訳ございません。
天候不順が続いたため、奇跡のマンゴー&ケンちゃんマンゴーの収穫が平年より遅めとなっております。
順次、最良の状態で収穫・出荷いたしておりますので、いましばらくお待ち願います。

今日もご愛読にふぇーでーびる☆
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

 

アマミチューで出会った浜比嘉島のクミコさん

2019年7月16日(火)<快晴> のこと。

「沖縄本島中部の東側、伊計島(いけいじま)の方はまだ行ったことがないから行ってみたい」
と言う大阪から来沖した友人を連れて、数年振りに伊計島方面へ出掛けました。
伊計島へは海中道路を渡り、橋でつながる平安座島(へんざじま)、宮城島(みやぎじま)を渡りながら向かいます。
「海中道路」という表現から、「海のなかを通る道」を連想される方は意外と多く、実際には海の上を走る道で少々驚かれる(残念がられる?)こともしばしば(笑)

海中道路を渡り、最初に見える右手の橋を渡ったところにあるのは浜比嘉島(はまひがじま)。
冒頭に伊計島が登場しましたが、今回は浜比嘉島のアマミチューで出会ったとびきり笑顔のステキなクミコさんのことを綴りたいと思います。

子宝祈願に訪れる方が多い浜比嘉島の東にある「アマンジ」と呼ばれる小島。アマジンへ誘う短い石橋の入口には「アマミチューの墓」と案内版があります。【撮影】2019年7月16日
こちらは、琉球開闢の神様アマミチューとシルミチューが祀られていると伝えられ、沖縄では「子宝の神様」として広く知られています。【撮影】2019年7月16日

数年振りに「アマミチューの墓」を訪れると、石橋を渡った右側の岩陰で、とっても素敵な笑顔に出会いました。
あまりにも魅力的な笑顔につい吸い寄せられて少しお話を伺いました。
浜比嘉島でつくられた特別な「おまもり」や「もずく」などを販売している島生まれ島育ちのクミコさんでした。

「朝10時半ころから夕方5時半ころまでだいたいいますよ」。島でつくられた特別のおまもり、もずくなどを販売されているクミコさん。【撮影】2019年7月16日

「ここの店長はネコなんです。朝からずっと一緒に店番をしています。最初に見たときにペンギンみたいに見えたから、名前はペンペンです。ペンペンは子沢山で40匹も生んでるんですよ。だから、ペンペンマーマーって呼んだりもします。以前、座っていたらペンペンが膝に乗ってきたという女性が、子どもを授かった、と喜んでまたいらっしゃいましたよ」とクミコさん。

いつも朝から夕方までいっしょに店番をしているとっても子宝に恵まれた店長のねこ「ペンペン」。気持ちよさそうにお昼寝していました。【撮影】2019年7月16日

「数年前に来たときはいらっしゃらなかったですよね? いつからこちらで?」と尋ねてみました。
「昨年2018年4月下旬頃からこちらにいます。もともとは島の別の所でテントで販売していたのですが、熱中症になっちゃって(苦笑)。そこからこちらに引っ越してきました。神聖な拝所の入口で販売をしてもよいのかな、という想いもありましたが、浜比嘉島でつくっている特別なおまもりも販売しているので、神様もおおめにみてくださるかなと(笑)。ここは風通しも良く涼しくて最高の場所なんです。ここにいると、願いが叶って子どもを授かったので御礼参りに来ました、と言う方によく会います。本当にご利益があるんですよ」。

「来週7月26日(金)~27日(土)は綱引きやウスデークがありますよ」とクミコさん。
浜比嘉島の豊年祭が開催されるようです。クミコさんのオススメは綱引きのある金曜日だそう。
「来週金曜の夕方5時半頃に来たらいいですよ。楽しいですよ~」と日焼けした人懐っこい笑顔でクミコさんは見送ってくださいました。
とても気さくで明るいお人柄のクミコさん。クミコさんのとびきりの笑顔から浜比嘉島のパワーをいただきました♪

で、綱引きのある金曜というのが本日なのです。
那覇から浜比嘉へはなかなかの遠出ですが、浜比嘉島の豊年祭へ行ってみたいと思います♪ o(^-^)o

みなさまも浜比嘉島へめんそーりよ~。

奇跡のマンゴー&ケンちゃんマンゴーご注文お待ちしております

豊作です! こだわりの沖縄県産マンゴーご注文受付中☆
アヒルのいる農薬未使用のマンゴー農園です! 仲間おじぃの奇跡のマンゴー ご購入はこちら
「限りなく無農薬に近く」を志す! 減農薬ケンちゃんマンゴー ご購入はこちら
みなさまのご注文こころよりお待ちしております。

すでにご注文を頂いているお客様には大変お待たせして申し訳ございません。
天候不順が続いたため、奇跡のマンゴー&ケンちゃんマンゴーの収穫が平年より遅めとなっております。
順次、最良の状態で収穫・出荷いたしておりますので、いましばらくお待ち願います。

今日もご愛読にふぇーでーびる☆
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆