70年前の佐良浜のおばぁの知恵 ー 高熱がでたとき

ちゅううがなびら(こんにちは)☆ (^-^)/
本日も沖縄ジョートー市場ブログへお越しいただきありがとうございます♪
&いつも沖縄ジョートー市場をご愛顧いただき、まことにありがとうございます☆
七海(ななみ)こと「ねこ」こと店主・ミカ from 那覇です。

一昨日を境に、沖縄もコロナ感染者数が連日激増しています。感覚的には、「爆発的に増えている」感じです。
本日は70人を超える感染が確認され、このあと、沖縄県独自に緊急事態宣言を発令する会見を行う予定だとか。
本当に大変なことになってきました。(T_T)
またやーぐまい(巣ごもり、引きこもり)に戻らざるを得ない状況になりそうです。(ベランダ菜園に拍車がかかるなぁ。)

さて、本題です。
昨日の夕方、伊良部島(いらぶじま)の港町・佐良浜(さらはま)の浪子(なみこ)さんからお電話をいただきました。
しまうた「伊良部トーガニ」の取材で、2011年に知り合ってからのお付き合いの浪子さん、現在93歳!です。

「ミカさん、お元気ですか?
いまコロナが流行っているでしょう。周りにコロナの人はいますか?
あれは高い熱が出て大変てね」

電話口の浪子さんはハツラツとお元気。こちらが元気をいただいているなーと思うくらいです。

「むかしね、近所のおばぁから習ったんだけどね。
高い熱がでたときは、片栗粉にお酢(食酢)を混ぜて、それを身体に塗ると、熱が下がるんですよ。
当時4歳だった男の子の熱も2時間くらいで下がったし、わたしもそれで熱を下げたことがあるから、コロナにも効くんじゃないかねーと思って」

「へー! 片栗粉にお酢を混ぜるなんて、初めて聞きました!」

いまのように良いお薬もなかった時代のことなのでしょうね。
もし、七海が熱をだしたら、70年前の佐良浜のおばぁの知恵を試してみたいなぁと思いました。
あ、自分が熱だしてるときはキツイはずだから、旦那が熱をだしたときに試してみよう♪(笑)

コロナで当分会えないけれど、また浪子さんに会いたい。
浪子さんのウタを聴きたいなぁ。

「次に会えるときまで、お互い元気でいましょうね~!」

約束ですよ。浪子さん♪

伊良部島・佐良浜の浪子さん【2011年12月15日/撮影:安積美加】

本日もご愛読にふぇーでーびたん☆

うまんちゅぬ あちゃー かふー うにげーそーいびーん。
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です