辻町創建350年 地元ニュースで紹介

ちゅううがなびら(こんにちは)。
本日も沖縄ジョートー市場店主ブログへお越しいただきありがとうございます。店主ミカ@那覇です。

一昨日、司会を務めさせていただきました式典のようすが、地元ニュースでチラリと紹介されました。

QAB 琉球朝日放送
Qプラス(2018年9月26日 18時25分) 辻町創建350年

こちらのニュースの内容は、昨日ブログで綴りました式典のようすです。

 

沖縄の地元紙『琉球新報(2018年9月26日)』の記事

また昨日の地元紙(琉球新報)でも、式典のことが紹介されていました。(うまく撮影できていませんね。ごめんなさい。)
上記写真、琉球新報(2018年9月26日)の記事の内容
—-
花街・辻で350年式典
那覇 ジュリの歴史紹介

那覇市の辻町創建350年を記念し、辻町で働いた女性への感謝を表す式典(辻新思会、辻自治会主催)が25日、辻の拝所前で開かれた。同様の式典は今回が初開催。城間幹子那覇市長が市長として初めて献花した。
辻町は1600年代に琉球王国の花街として創建されたとされる。辻で働く女性たちは「ジュリ」と呼ばれ、薩摩の役人や中国からの使節団など賓客をもてなした。拝所には、ジュリの女性たちの墓がある。
城間市長は「時代の中で社会状況に翻弄され、貧困の中で家族を支えるために望まぬ人生を強いられた女性たちがいたことを忘れない」と述べ、花を手向けた。上江洲安明理事長は「義理、人情、報恩のために生きた女性たちに拍手を送りたい。」とジュリの女性たちに感謝を述べた。
式典では、ジュリに関する歌「ジュリ馬の由来」の演舞やかぎやで風などの演舞が披露された。
—-

少しでもジュリのことを、正しく知っていただけたら幸いです。

今日もご愛読にふぇーでーびる☆も
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です