沖縄県内最大のダム「福地ダム」オーバーフロー

ちゅううがなびら(こんにちは)。
本日も沖縄ジョートー市場ブログへお越しいただきまことにありがとうございます。
梅雨らしい曇天と雨が続いている那覇から、七海(ななみ)こと店主・ミカです。

昨日はマンゴー農園へ、今日は土砂降りのなか東村のトマト農園へ。
ハルサー(畑)取材で2日続けてヤンバル(山原)まで出掛けています。
風邪をひきかけていて少し喉痛やらだるさがあるときの遠方ひとりドライブは、なかなか辛いものがありました。

さて、タイトルです。
本日、午前から東村のトマト農園へ行ったときのこと。
昼下がりの帰り際、トマト農園のYさんに
「いま福地ダムがオーバーフローしているよ。めったにないことだから見ていったらいいよ」
と教えていただき、福地(ふくじ)ダムまで連れて行っていただきました。

那覇の自宅から100キロあまり、約2時間半の距離。
けっこう遠く、正直、沖縄本島で暮らしていても、記憶のなかで二度目の福地ダムです(笑)

福地ダムは「堤高、総貯水容量共に県内最大のダムで、ドラムゲート式の下流洪水吐やサイフォン式の上流洪水吐、ダム管理用水力発電など、特徴的な施設をもつロックフィルムダム」だそうです。(福地ダムHPより)

めったに見れないとのことですが、ふだんの様子がわかりませんので、どれほどスゴイのかがピンと来ていない・・・
のですが、
とにかく、
めったに見れないものを見れたということでラッキーでした☆

ヤンバルは、飛行機乗って1時間の八重山・宮古より、気持ち的に遠く感じてしまう。
でも、ヤンバルはとても緑豊かで、「沖縄といえば海!」というイメージとはまた違った魅力が感じられるところです。

今日もご愛読にふぇーでーびる☆
明日からまた阿嘉島(あかじま)でサバニの練習です。
ステキな週末をお過ごしください♪

みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です