マンゴーの花が咲いています♪@仲間おじぃの奇跡のマンゴー 2018

ちゅううがなびら(こんにちは)。
本日も沖縄ジョートー市場店主ブログへお越しいただきありがとうございます。ミカ@那覇です。

あっと言う間にもう4月。
まさに「光陰矢の如し」で、コンコルドだか何か、とんでもない速い乗り物、タイムマシンか何かに勝手に乗せられているんじゃあないか?! って感じです。←あ、コンコルドにもタイムマシンにも乗ったことありませんけどね。いまのところは(笑)
沖縄では本日入学式の学校もあって、サバニ仲間の子どもクンの小学校入学式のようすがLINEへ送られてきました。春だなぁ。(#^.^#)

沖縄ジョートー市場開業時からずっとお世話になっている「仲間おじぃの奇跡のマンゴー」。
「毎日が虫との闘い」と言いつつ、こころを込めて農薬未使用の「奇跡のマンゴー」をつくり続けて35年あまりの仲間おじぃです。

もう4月も10日過ぎちゃいましたが、、、2018年3月の仲間おじぃのマンゴー農園のようすです。

ハウスのなかはすでに高温で湿度も高い状態。2~3月あたりからマンゴーの花が次々と咲きはじめます。


「安全・安心・無農薬」をモットーに、農薬未使用マンゴーをつくり続けて30年あまりの仲間おじぃ。今年3月10日で数え80歳になりました。


仲間おじぃは、毎日ハウスを見回りして、害虫を駆除したり、病気になりそうな部分を撤去しています。仲間おじぃは農薬をいっさい使っていません。だから、「毎日虫との闘いだ」と言います。


取材に訪れた時は害虫は少なかったようですが、今後は、害虫、病気、台風などなど、いろいろと気苦労が絶えません。


「去年(実が)ついていたのには(花は)つかないさ。去年ついていなかったものに花がつくよ。今年は花がいっぱい咲いているさ」と仲間おじぃ。作物には豊作だったり出来の良い当たり年の「表」と、そうではない「裏」があります。どうやら今年は「表」のようです。
「蝿が受粉しないと実がつかないからね。実がついても(一房に)4~5個くらいだね。そこから間引きしたりするからさらに減るよ」。花が咲いても受粉しなければ果実になりません。こんなにたくさん花が咲き、小さな実がついていても、出荷できるマンゴーはわずかです。


指先には小さな、小さな実があるのがおわかりになりますか? 受粉されて、ほんの少しピンクがかった小さな小さな果実。おじぃの爪よりもさらに小さいです。


ハジカサー(恥ずかしがり屋さん)して、なかなかカメラに向かっては笑ってくれません。でも、笑顔のステキな仲間おじぃです。

日頃の感謝の気持ちをこめて、今年は沖縄ジョートー市場サイト・リニューアル記念の「特割(特別早割価格)」やります。
6月上旬~中旬に期間限定・数量限定で開催予定です。どうぞお楽しみに。

今日もご愛読にふぇーでーびる☆
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です