沖縄本島のマングローブ@金武町億首川

ぐすーよー、ちゅううがなびら(みなさま、こんにちは)♪  (^-^)/
本日も沖縄ジョートー市場店主ブログへお越し頂き&いつも沖縄ジョートー市場をご愛顧いただき、誠にありがとうございます☆
那覇から七海(ななみ)こと「ねこ」こと、店主・ミカ(安積美加・ASAKA MIKA)です。

今朝は青空が広がっていますが、昨日は梅雨らしく雨でした。
昨日は取材でひさびさに金武町まで足をのばしました。
金武は、高速に乗っちゃえば割と近くて、那覇空港から1時間ほどで行ける町です。
あ、金武と書いて「キン」と読みます。面白いですね。(^^)

金武は、海あり湧水あり自然豊かで、沖縄本島で戦前から残る唯一のお寺「観音寺」もあれば、基地もあり、「新開地」と呼ばれる異国情緒あふれる夜の街もある。まさにマンチャー(マゼコゼ)で、大好きな町のひとつです。o(^-^)o

取材帰りの夕方、曇天のなか、金武の億首川(おくくびがわ)へ行ってみました。

ねこはマングローブに明るくありませんが、億首川は沖縄本島で最も種類が多いマングローブ林を有しているみたいです。

億首川のマングローブ林に立ち寄った理由は、最近、
「マングローブを植えたい(=マングローブの種がほしい)」
と言われたので、ここに来たら手に入るかなーと思ったからです。
が、
マングローブの種はぜんぜん見当たらず!!(苦笑)

遊歩道に落ちていました。マングローブ、「オヒルギ(別名:アカバナヒルギ)」)の花の萼(がく)。赤い☆みたいでカワイイです。

八重山の西表島では河川に浮いている種をよく見掛けましたので、マングローブのあるところに行けば種もゲットできる♪ と思ったのが甘かったようです。あ、もしかしたら、種ができる時期があるのかもしれませんね。

で、イヒグヮー(ちょっと)調べてみたところ、
「ヒルギ科の植物は春から夏にかけて「胎生種子/たいせいしゅし」と呼ばれる棒状のタネを実らせ、成熟すると枝から離れていき地面に根づくと木になるまで成長をつづけます。(【引用】『鹿児島&沖縄マングローブ探検』より)」
と下記サイトにありました。

水面下の小さな穴からポコポコと絶え間なく湧き上がる幾つもの気泡。
「穴にはきっと何か生き物が住んでいるのだろうなー」
と、小さな生物の営みを想像してみました。
余裕があれば、ポコポコをぼーっと見ているのも良いのかもなぁ。

億首川マングローブ林のお隣には、青々とした稲田が広がっていました。o(^-^)o

コロナ禍で飲み歩けず。
どこにも行けず。
夜の飲食店は軒並み休業中で、飲食店取材は延び延び。
いまは沖縄でがんばっている生産者さんを(沖縄ジョートー市場ではなくライター業で)取材させていただいております。
仕事でいつもの生活圏からちょっと離れたところへ行くだけでもかなり新鮮。
次の取材は明後日。今度はさらにさらに遠く、東村(ひがしそん)です。
がんばります。o(^-^)o

コロナ禍で日々いろいろと大変ですが、みなさま、くれぐれもご自愛くださいね。
今日もご愛読にふぇーでーびる☆

うまんちゅぬ あちゃー かふー うにげーそーいびーん。
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

 

 

恋し徳之島 ~ アーサとヨージュの想い出

ぐすーよー、ちゅううがなびら(みなさま、こんにちは)☆ (^-^)/
本日も沖縄ジョートー市場店主ブログへお越しいただきありがとうございます♪
&いつも沖縄ジョートー市場をご愛顧いただき、まことにありがとうございます☆

沖縄本島、直撃から逸れましたが台風2号の影響で、風雨が強くなってきています。
那覇から七海(ななみ)こと「ねこ」こと、店主・ミカ(安積美加・ASAKA MIKA)です。

鹿児島県は徳之島(とくのしま)から、数年振りにとても懐かしい声のお便りを頂きました。
「今年もアーサ採りの季節になったので美加さんを思い出して、懐かしくてお電話してみました」
という声の主は伊仙町(いせんちょう)のKさん♪

【撮影:2011年2月21日/鹿児島県徳之島天城町】寝姿山と海でアーサ採りをされる方々

2011年、ちょうどいまから10年前。
徳之島は天城町(あまぎちょう)役場のHP制作のお手伝いをさせて頂いており、沖縄からフェリーや飛行機で、徳之島へ足繁く通っておりました。
HP制作のご縁からたくさんの天城町民の方々、徳之島(伊仙町・徳之島町)の方々と知り合い、いまでも交流させていただいております。
ほんと、島の方たちとの出会いご縁はねこの宝物です。感謝☆

【撮影:2011年2月21日/鹿児島県徳之島天城町】寝姿山と海でアーサ採りをされるKさん

2011年2月21日。寝姿山が見守る引き潮の天城町の海でアーサを採っていらした方々、幾人かにお声掛けさせて頂きました。
そのなかのおひとりがKさん。
Kさんは伊仙町の方だったのですが、明るく気さくな方で、すっかりお友だちになって頂きました♪ (*^^*)

【撮影:2011年2月21日/鹿児島県徳之島天城町】アーサ採りをされていたKさん。笑顔がステキです☆

「私はもう70歳になるんですよ!」とKさん。お声は若くお元気で、10年前とお変わりなさそうです。
「コロナでいましばらくは徳之島へ行けませんが、コロナが落ち着いたら必ず伺います。そのときは是非お会いしましょう! それまでどうぞお元気でいらしてくださいね!」と電話越しにお約束して受話器を置きました。

そのお電話でKさんから「こちらではガジュマルのことをヨージュと言うんですよ」と教えていただきました。

【撮影:2011年10月16日/鹿児島県徳之島天城町】ヨージュ(ガジュマル)

ガジュマルで思い起こすのは天城町のTさん。
Tさんのおうちにはとても大きくて立派なガジュマルがあったからです。
人懐っこいTさん、「美加ちゃん、元気? 徳之島のTだよ!」と、ときどきお電話くださっていたなぁ。
ほんと、徳之島のみなさまもとても気さくで、あたたかい。

徳之島、とくに天城町の風景、食べ物、島人のみなさまの笑顔 etc…、写真いーーーーーっぱいあります。

ヨージュの写真を探していたら、Tさんのおうちで飼っていたヒージャー(ヤギ)の写真が出てきました。

【撮影:2011年10月16日/鹿児島県徳之島天城町】ヤギ

なんだか笑ってるみたいです。

【撮影:2011年10月16日/鹿児島県徳之島天城町】ヤギの微笑み

もう7年くらい前になるかなぁ。
徳之島からちょくちょくお電話をくださっていたTさん、グソーに旅立たれました。。。
このヤギのやさしい笑顔、なんだかTさんに見えてきて、ちょっぴり泣けてきた…。

自由にどこでも行けるようになったら、行きたいところ、いっぱいあります。
琉球弧の島々へ、会いに行きたい笑顔がたくさんあります。
次に笑顔でお会いできる日まで、どうぞみなさまお元気で。

コロナでどこにも行けないし、行事も縮小、イベントも中止。
なので、ついつい想い出話が多くなっておりますが、
今日もご愛読にふぇーでーびる☆
ステキな週末をお過ごしくださいね。

うまんちゅぬ あちゃー かふー うにげーそーいびーん。
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

<追伸> としおむーのおもひでをたどる。
7年くらい前という記憶はあっていたようで、Tさん、としおむーが旅立たれたのは、2014年だと確認できました。
「むー」というのは「お兄さん」という意味で、「としおむー」は「としお兄さん」という意味なのだと、としおむーから習いました。
としおむーがお元気な頃、「息子が公邸料理人に選ばれて、これからニューヨークで働くんだよ」ととても喜んでいらしたことを思い出し、検索してみたら下記の記事が見つかりました。

「公邸料理人になるために、家族も含め徹底的に身元調査されたんだよ」とも仰っていたなぁ。
息子さんにはまだお会いしたことはありませんが、記事によるとニューヨークからイタリアへ渡られ料理人として活躍されていたようです。
息子さんの大変なご活躍をとしおむーもグソーから喜んで見守っておられることでしょう。
今度、徳之島へ行った際は、としおむーの墓前にもご挨拶に行きたいな。そして、いつの日か、としおむーの息子さんの作るお料理も食べてみたいな。
なんて思った雨の金曜日でした。