Merry Christmas☆ ー 沖縄の日常のくらし

那覇から

Merry Christmas☆

昨夜(2019年12月23日)の那覇市内の風景(ゆいレール「県庁前」駅から久茂地交差点へ向かう途中)

取引先の方と先程LINEでやり取りをしていると、
「毎年、沖縄はこの時期も半袖な事が多く、ホワイトクリスマス🎄とやらにどれだけ憧れた事か‼」
とメッセージがきました。
沖縄のリゾートホテルのプールには、サングラスを掛けたサンタクロースがジェットスキーに乗っている、など、南国のクリスマスです(笑)

今日の那覇は快晴! 那覇の現在気温22.8℃、東南東の風5.7m/s、湿度64%。とっても良いお天気です。


ベランダの鉢に植えたアロエが花をつけました~!
放置プレイで、とくに世話もしていませんが、小さな鉢にも関わらず、たくましい生命力で元気に育っています。


こちらのアロエ、今年4月に沖縄本島北部の辺戸(へど)部落でたまたま出会った地元の方にお裾分けして頂いたものです。
辺戸は、那覇からもっとも遠いところ。Google Mapsでみてみると、自宅から約130キロ、高速を使って2時間ちょっと(気分的には3時間くらい)の道のりです。
集落内の道を歩いていて出会ったので、「こんにちは」とご挨拶をしただけのまったくの初対面。なのに、あれこれとお話をして、アロエや自家製のお野菜をたくさん下さいました。

ご親切になさってくださったあのお方、お元気かしら。
80代だったかけっこうなご高齢でしたが、お正月はいつも安須森(アスムイ)に登るとおっしゃっていたなぁ。

琉球最初の歴史書『中山世鑑(ちゅうざんせいかん)』によりますと、安須森は、島立の神様である阿摩美久(アマミク)が最初に降り立ったとされる沖縄の聖地のひとつです。

国立国会図書館デジタルコレクションに『中山世鑑』があります。
ご自由に閲覧できますので、ご興味のございます方はどうぞ。→ 『中山世鑑』

赤い屋根は辺戸の神屋、高い岩山が安須森(アスムイ)です。

安須森はとっても気持ちの良いところ。
ただし、那覇からは遠いし、クルマを降りてからもけっこう歩きます。というか、山を、岩を登る感じ。ハブが出る恐れもあるし、足場もよくないので雨の日や雨上がりは避けるのが鉄則で、ちゃんとした靴でないとムリだし、途中ロープや鎖を使って登るような険しいところもあります。
それでも、がんばって登れば、最高の気分。来てよかったなーと思います。

長らく行っていない安須森にも行ってみたいし、また辺戸に行かなきゃな。
来年は行こうっと。

今日もご愛読にふぇーでーびる☆
ステキなクリスマスをお過ごしくださいませ♪
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です