壬寅 辻二十日正月神事(2022年2月20日斎行)@沖縄県那覇市辻

こんばんは☆
本日も沖縄ジョートー市場・店主ブログ(ななろぐ)にお越しいただきありがとうございます。
「七海(ななみ)」こと、「ねこ」こと、沖縄ジョートー市場店主でライターの安積美加(あさか みか)です。(^-^)/
今日は小雨で寒い那覇です。リビングは暖房つけています。(>_<)

今日は来る日曜(2022年2月20日)の「辻廿日正月神事」の準備(当日の段取り確認と準備、各拝所の点検・清掃)をしてきました。

辻二十日正月神事の準備風景。ムラヤー(一般財団法人辻新思会)も寒くて暖房入れたくらいです。

いつもお参りしている辻の御嶽・拝所(数カ所)にもぜんぜんごあいさつできておりませんでしたので、神事の準備・清掃あと、ひちゅい(ひとり)お参りしてきました。


ここのところ、ずーーーーーーっと仕事(原稿)に追われていて、疲れがピーク。ぜんぜん余裕ない状態です。(ToT)
実は今日はイロイロとポッテンカーしてますが(&仕事もめちゃめちゃ大変でしたが)、神さま方、じゅりのねーさん方も応援してくださっているようで、なんとかリカバリできています。o(^-^)o


拝所から拝所へ歩いている道中、桜が咲いていました。
今年はまったくお花見に行けていないので少し嬉しかったさ~。(*^-^*)

イシカブイ

一年振りの神事準備とあって、いくつか忘れていることもあって、でーじなとーん!!
と思ったので、自分の備忘録も兼ねて、『あさかみかどっとこむ』に綴ろうと試みたのですが、、、
エディターが慣れないため、1つ目で疲れて力尽きてしまいました。(T_T)

辻について、辻廿日(二十日)正月神事については、ぜひ下記をご覧ください。

不思議なご縁で、辻に深く携わらせていただいて4度目の神事を迎えます。
一年があっという間。

ギリギリまで仕事に追われ、疲れでアタマがまともに動いておらず、ちょっぴりやらかしちゃった今日の準備の失敗を反省し、すでに来年のことを考えています。← あくまでポジティブ!(苦笑)

明日も仕事です。
今年は日曜が神事でよかった。ほんとうに!!!

日曜の神事には心穏やかに臨みたいです。

辻のヒヌカン(火の神)。辻はかつて「上村渠(ウィンダカリ)」と「前村渠(メーンダカリ)」と呼ばれる2つの地域から構成されていました。その2つの地域のヒヌカンが合祀されているため香炉が2つあります。

あっ!! 肝心なお時間のご案内をわしーとーたん。

壬寅 辻二十日正月神事
2022年2月20日(日)正午 辻ムラヤー(一般財団法人辻新思会)出発

関係者は準備のため、ムラヤー11時集合。
11時50分頃、一般財団法人辻新思会理事長ごあいさつの予定です。
ムラヤー(沖縄県那覇市辻2丁目8番7号)正午出発は予定です。
出発時間が前後する場合もございますが何卒ご了承ください。

辻廿日正月神事の道順や詳細につきましては下記をご覧ください。

※残念ながら今年2022年の「じゅり馬まつり」は中止です。

それでは、日曜の辻廿日正月神事でお会いいたしましょう。

疲れてるー。
がんばるー(笑)

今日もご愛読にふぇーでーびる☆

うまんちゅぬ あちゃー かふー うにげーそーいびーん。
みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

 

4 thoughts on “壬寅 辻二十日正月神事(2022年2月20日斎行)@沖縄県那覇市辻

  1. 今年は辻廿日神事が開催できるとのこと、良かった。
    残念ながら諸般の事情で訪沖ができませんでしたが、次の機会を楽しみに過ごします。
    ではでは、遠く東の空から応援していますね(^^

  2. つく様

    つくさん、東の空から応援メッセージありがとうございます☆☆☆
    いまの那覇は雨が降ったりやんだり。
    お天気が少し心配ですが今年も無事斎行できますように。
    いつも応援してくださっているつくさんにお越しいただけなくて残念ですが、次回はぜひ。
    つくさん、いつもいっぺーにふぇーでーびる☆(*^-^*)

  3. 遅ればせながらお時間の共有ありがとうございました。お陰様で昨日は、ウミナイビのお墓の前で手を合わせているところから拝見できました。実は、毎年のように神事と奉納舞踊は拝見させていただいています。お呼ばれされているのか、考えすぎかもしれませんが、旧廿日正月の日は、元々入っていた予定がキャンセルになり時間ができたり、また、ちょっとした用ができて、その用が辻の近辺だったり、当日は天気が悪くて廿日正月の行事が行われるのが厳しいだろうな??と思っていたら、行事が行われる時間だけ雨が止んで行事の見学へ行きやすくなったりします。なんか縁があるのかなーと思ってしまいます。(ちなみに辻の出身ではありません。)
    辻の廿日正月の行事について本当に大切な文化だと思います。絶やしていけないものだと思います。来年こそはじゅり馬奉納、じゅり馬祭りが華々しくといいですね。

    それから一つ思うのですが、ウミナイビやかがんぬティラ等で、十六日祭、清明祭、旧盆などの行事も執り行っているのでしょうか?

  4. H様

    昨日はお寒い中、辻旧二十日正月にお越しいただきありがとうございました。
    冬雨を心配しておりましたが、みなさまの想いが届き、今年も無事に斎行を終えることができました。
    こころより感謝申し上げます。
    いっぺーにふぇーでーびる。

    H様、辻の神事と奉納舞踊に毎年お越しいただいているそうで、辻にご縁があるようですね。
    せっかくですので、辻の歴史や文化にもご興味をお持ちいただけましたら幸いです。

    ご質問の件につきまして。
    現在、辻旧廿日正月神事・じゅり馬まつりを執り行っております一般財団法人辻新思会では、毎月一日・十五日(旧暦の1日・15日)に2名の女性理事が辻御嶽を中心にお参りしております。
    また、清明祭、十五夜などは現在は財団だけで小さく行っている状況です。
    来年は華やかにじゅり馬まつりが開催できることを一同ねがっております。

    今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Comments are allowed only in Japanese. / 日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。