【沖縄の伝統文化・行事】ムーチー(旧暦12月8日)

ハイタイ♪ ちゅううがなびら(こんにちは)。
いつも沖縄ジョートー市場をご愛顧いただき&沖縄ジョートー市場店主ブログ『ななろぐ(七海のブログ)』へお越しいただきありがとうございます。
那覇から「七海(ななみ)」こと、「ねこ」こと、ミカです。(^-^)/

早いもので、大晦日となりました!
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

旧暦12月8日はムーチーの日

昨日は旧暦12月8日。ムーチー(鬼餅)の日でした。

ムーチーは、カーサムーチー、カーサームーチー、鬼餅とも呼ばれています。
サンニン(月桃)やクバの葉に包んだ餅を厄払いのために仏壇や神棚、ヒヌカンなどにお供えして、家族の健康祈願、とくに子どもの健康を祈願します。

ムーチー前の沖縄のスーパーの風景。ムーチーを作る材料が並びます。(那覇市内)

ムーチーにまつわる思い出と

ふたむかしほど前(約20年前)のこと。
あまくまからムーチーをいただき、もうムーチーだけでおなかいっぱいの状態でした。

みんながみんな、ムーチーをつくって持ってきてくださるので、
「気持ちはありがたいけど、これ以上食べられないよ」
「もうムーチーみたくないなぁ(苦笑)」
なんて話していたのが懐かしいです。
もちろん、笑い話で悪意はありませんヨ。(^-^)

沖縄のひとたちも、ムーチーに食べ飽きてるんだなぁ。なんて密かに思っていました。

ムーチー前の沖縄のスーパーの風景(那覇市内)

ムーチーの昨日(2022年12月30日)。
スーパーに行ってみると、できあがったムーチーを眺めているひとりのおじぃがいました。
どうやらおひとりでお買物にいらしているようです。

その佇まいには、なんだか哀愁が漂っていました。

子どもの頃には母や祖母が、ご結婚されてからは奥さんが作ってくれていたのでしょうか。
いまは作ってくれる人がいなくなったのかな。
スーパーのムーチーをどんな思いで見つめているんだろう。。。

ひとりの男性老人の人生を想像してみました。

//

その後、とてもお世話になっているライター仲間のNちゃんと近所の馴染み店でひさびさに盃を交わしました。
とてもご無沙汰していたので、近況を報告しあったり、いろんな話で盛り上がりました。

ラストオーダーにパスタを注文したあとでしたが、
「パスタ、キャンセルできますか? どうしてもこれからミカさんを連れていきたいお店があります」
と、彼女。

タクシーに乗って、彼女が親しくしているお店に連れて行ってもらいました。
桜坂の「竜宮通り」に面したビルの2階にある小さなお店。以前から行ってみたいと話していたお店でした。

「はじめまして」とご挨拶すると、「ミカさんのこと、一方的にですが、私は知っています。実はこの前の神事、見に行ったんですよ」と写真を見せてくれました。

初対面の彼女とお話していると、偶然にも重なることが驚くほどたくさんありました。

今後もいろいろと協力しあって行けそうな、良い関係を築けそうなステキな女性でした。
会うべくして会った人。
来るべきだったんだね。

Nちゃん、連れてきてくれてありがとう。

宴もたけなわ。
手作りのカーサムーチーをひとついただきました。

御披楽喜の際に、店主が厄払いの法螺貝を吹いてくれました。
50年以上前に遡る、とても立派で大きな法螺貝です。現在ではこれほど大きな法螺貝は入手できないそう。
「ぶぉーーーー。ぶーーー。プーーーー」
法螺貝もいろんな音がでること。法螺貝にもいくつか流派があること。状況によって吹き方を変えることなど、法螺貝の奥深さをはじめて知りました。

コーレーグースのことを伊江島では「ホールグゥーシュ」というそうです。

お店を出ると小雨でした。
国際通りに出ると、若者たちはいるけれど、タクシーはぜんぜん通りません。
タクシーを探しながら歩いていると、たまたま遭遇した儀間くん。ひとり暮らしのウチナーンチュ、35歳の青年ドライバー。
「飲みに行こう」とねこたちを誘うも、明日は午後から仕事だという。
「明日も仕事ならお酒が残っていたら大変だよ。クルマ持つなら今日はもう帰って寝なさい」。
帰宅を促しました。

なんだか残念そうにしているので、“きっとムーチーをもらっても嬉しくないだろうなぁ”と思いつつ、

「ムーチーあげるから、とにかく今日は帰って寝て、明日の仕事がんばりなさい。
大晦日もお仕事とは大変だね。運転お気をつけて。良いお年をね」

と、持っていたムーチーを手渡しました。

すると、

「じーちゃんが死んでから家でムーチーを作らなくなったから、すごく嬉しいです。ありがとう!!」

と思いのほか喜んでくれました。
ムーチーをポッケに入れた儀間くんとバイバイ。
儀間くんが喜んでくれてよかったな。

そっかぁ。
家族と離れて暮らし、年末も仕事して、帰宅してもひとり。
ムーチー、もらって嬉しい人もいるんだな。

ムーチーひとつとっても、沖縄のいろんなひとの暮らしや人生が垣間見えるなぁ・・・。

なんてことを思いながら帰路につきました。

【沖縄の風景】お正月用の飾りもスーパーにならんでいます。@那覇市内のスーパーにて

2022年今年も一年ありがとうございました。

2023年は良い方向に大きく前進する年になると思います。

 

2023年 癸卯(みずのとう)しあわせな一年でありますよう沖縄からこころよりお祈りしております

うまんちゅぬ あちゃー かふー うにげーそーいびーん。

みなさまに琉球弧のすべての神々のご加護がありますように☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Comments are allowed only in Japanese. / 日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。